TOP > 科学・学問 > 人間の遺体を堆肥に変える世界初の施設が2021年にオープン予定、微生物で遺体を分解(アメリカ) : カラパイア

人間の遺体を堆肥に変える世界初の施設が2021年にオープン予定、微生物で遺体を分解(アメリカ) : カラパイア

Olson Kundig 今年4月、アメリカ・ワシントン州で人間の遺体を微生物で分解し、堆肥を作って自然(土)に還すという「有機還元葬」を認める法案が可決されたが、翌月、州知事もこれを承認したことでついに現実のものとなった。  土葬でも火葬でもなく人間の遺体を堆肥...

ツイッターのコメント(30)

私は死んだらここに入れてください。
嗚呼、いいなあ。私、これがいい。必要とされない人生、その後は植物に必要とされたい。
これが普及したら
「このきゅうり、おじいちゃんたらできているんだよ」
とかそうゆう会話が食卓でされるのかな
この選択もありかな?
@aca_tabby これとかほんとすごい。 とにかく親族にあまり負担にならないように早めに終活ですな。まだずっと先だと思いたいですが。
これいいんじゃねふつうに。食物連鎖のサイクルに入っていながら、火葬だと自然に何も返さないの疑問に思ってた。
土葬より、火葬より、…
死後が変わっていくなあ
もしも自分が死んだら、こういう送り方をしてもらいたいなと思いました。
え、コレ自分が死ぬときは是非利用したいんだけど??
有機還元葬いいな。俺も死んだら土に還って永延に循環していたい
葬式にかかる金額程度でこの埋葬できるなら、今後の選択肢になる可能性あるのでは。
命の連鎖…
科学も進化したけど結局は自然なんだなぁ、コンパクトの最終地点が土ってなんか不思議
土に還る。
腐敗する様子を誰にも見られないで済むのならオレもこれがいいなあ
これにするように遺言残しておきたい。
これはすばらしい♪
死んだあと地球の役に立てるなんて考えたこともなかった
2021年まで生きていたら私これやってもらいたいからシスターズに頼んどこ
僕これがいい……。
有機転換路や.
じゃあ2021年以降は農作物の作られた場所だけじゃなくて肥料に関しても記載が必要になるな!!
どのようにしても人体を形成してたたクオークに変化はないけど、花咲か爺さん的な展開も期待したいとかかな。
シドニアの有機転換炉だな。 /
これは理想的だな。
自分の身体が綺麗な土になる様、生きてる間なるべく健康的に生きないとなw
死に様を考えると生き様を考えないとね
微生物が分解できないものを途中で取り除く人(?)の負担がネックだけど思っていたより早く来た「未来」。石炭火力発電にケチつけてる間にこの技術に切替ていけば良いのでは。
私もコレがいいなぁ・・・と思えど「死体肥料の野菜なんてキモチワルイ」とか言われたら切ないなぁ。綺麗な桜が咲くよきっと。
人間も地球の役に立てるかもね
30日で骨まで分解されるらしい。
Olson Kundig
 今年4月、アメリカ・ワシントン州で人
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR