TOP > 科学・学問 > 同じ食品なのにイギリスとアメリカでこんなに違う!7つの食品成分表比較 : カラパイア

同じ食品なのにイギリスとアメリカでこんなに違う!7つの食品成分表比較 : カラパイア

37コメント 登録日時:2019-12-14 16:41 | カラパイアキャッシュ

image credit:Food Babe 海外で食べたマクドナルドのポテト、なぜか日本と違うように感じたことはないだろうか?それは海外でも同様で、イギリスとアメリカでも違う。 味の違うように感じるのは気のせいではない。実際に同じ食べ物でも含まれている成分が異なるからだ。...

ツイッターのコメント(37)

アメリカ、添加物まみれやけど、日本はどうなんやろ。
ポテト、炭酸飲料、コーンフレーク他……日本はアメリカに似てるね。
そりゃあ、ガンにもなるわ。
同じ食品でもイギリスとアメリカでは原材料や添加物量が全く異なるとのこと。
シンプルにしても同じ製品が作れるのに、添加物をバンバン入れるアメリカの食品事情はヤバイね。でも日本もアメリカのことを言ってられない。
けっこう違うんだな…。んで日本はどうなんだろうか、と気になる。
国によって違うんだね。

「同じ食品なのにイギリスとアメリカでこんなに違う!7つの食品成分表比較」
アメリカとイギリスの、同商品の原材料の比較を紹介しているサイトです。

ちなみにマックのポテト、日本ではアメリカよりさらに添加物が含まれています。
健康への影響があるかないかは置いといて、それを選ぶか選ばないかは自分次第ですね😌
まさかとは思うが、英国に微細添加物の表示義務がないとかいうオチじゃねーよな・・・
うわぁ・・・あめ食品食われんなぁ・・・ガンになるぞ
私は断然英国派
日本のはもっと色々入っているかもね。
やはり、国ごとに基準が違うんですよね。日本も安全そうで、基準は緩かったりするので、結構心配になりますね。
アメリカ添加物使いすぎ笑
/ |
日本はもっと凄いんだろうね☠️☠️☠️
イギリスにします。
日本もイギリスみたいな添加物量に下げて欲しい。。。結構ヒドイと最近思う。

食品の表示。海外から輸入する際、表示が少ないからと安心してはダメ。国ごとの表示基準が違うから安心してはダメ!
本当はイギリスは規制が厳しいんじゃなくて味がわからんから減らしたってだけだったりしない?
こうやって見るととっても分かりやすい。

種についても、肉についても起きていることは同じだから、食に意識がある国に住みたいなぁ。
日本はアメリカよりも添加物に緩いので書くまでもなく…(泣)
同じモノでも
国によって違う成分。
表示見ようね。
日本はどうなのか気になりますね!
ここまで違うと言うのは、驚きました。
だいぶ違うものですね。
"アメリカの食品には、悪い脂肪、過剰で安価な精製糖および大量の合成添加物が含まれています"

おおぅ… これはなかなかショッキング。マクドナルドのポテトで既に違うんだ…
アメリカの方が添加物が大量だ(º ロ º๑)
イギリスは添加物に厳しいらしいな。
加工食品はイギリス製がいいようだ。

きっとアメリカよりもずっとたくさん食品添加物が使われているのが日本製(-_-)
うわー、こんなに成分変えちゃえの、ありなんだね。
アメリカはなんかいっぱい入ってる、、、
すげー!!!
……イギリスでご飯が〜って言われるのの一端って
、もしかしてふだんの調味料ブースト飯に慣れてて材料がシンプル過ぎるってのもあるのか……?
これだけで比較すると、米国人は舌が莫迦なのかと思うけど、単に表記法の違いだけなのか。


同じ食品なのにイギリスとアメリカでこんなに違う!
7つの食品成分表比較
チーズロワイヤルはないのか?
全体的にアメリカが添加物が多いが、イギリスで使用されていてアメリカで使用されていない添加物もあるようだ。   /
image credit:Food Babe
 海外で食べたマクドナルドのポテト、なぜか日
以上

記事本文: 同じ食品なのにイギリスとアメリカでこんなに違う!7つの食品成分表比較 : カラパイア

いま話題の記事