TOP > 科学・学問 > 大気中の二酸化炭素と水から作ったお酒が誕生。植物の光合成をヒントに開発されたウォッカ(アメリカ) : カラパイア

大気中の二酸化炭素と水から作ったお酒が誕生。植物の光合成をヒントに開発されたウォッカ(アメリカ) : カラパイア

image credit:Air Co. 世界では地球温暖化対策として、温室効果ガスを削減する動きが高まっている。排出される二酸化炭素と吸収される二酸化炭素を同じ量にするカーボンニュートラルな社会を目指す取り組みも数多く行われている。 そんな中、アメリカ・ニューヨークの...

ツイッターのコメント(23)

大体2日酔いなんですけども
味的には薬局で売ってるエタノールの水割りと違わないんじゃなかろうか?
光合成をマネして二酸化炭素と水からクリーンなエタノールできちゃった。
二酸化炭素排出問題もクリアで、あとは燃料電池の燃料にするなりお好きにどうぞ。
そんなこと出来るの(´・ω・`)?
これ本当なら酒なんか造ってる場合ではないのでは…?
何この技術…エコい♻️🌱
ビン開けたら二酸化炭素吸って酸素出すお酒
ウォッカは飲めない(飲めると思うけど飲まない)けど、こういうの良いなと思う😊
エタノールじゃん
>現時点ではニューヨーク市内の厳選されたバーやレストランに1瓶あたり65ドル(約7000円)程度で卸されている
すごい。純粋ならぬ純アルコール。
リアルクラウドコレクター…素敵…
カーボンニュートラルの酒だと…
普賢たんはその気になればお酒も作れるらしい
確かにCO2とH2OがあればなんやかんやしてCH3CH2OHは作れるよな
大気中のが誕生。植物の光合成をヒントに開発されたウォッカ(アメリカ)
★飲んでみたい。みんなでたくさん飲めば、温暖化解決か?
酒飲むだけで地球温暖化対策に貢献できるって訳か!
顔真っ赤にして叩く奴と顔真っ赤にして地球温暖化対策する奴が出てくる訳だ
ウォッカとしては旨味が足りなさそうだが、燃料になるというのはかなりでかいぞ。エタノールは熱量低いけど
ホンマカイナ
飲んでみたい
このアルコールを燃料にしたら大気中から二酸化炭素なくなるやん?(白目
グレタ「うおおおおおぉぉぉ(グビグビ」みたいなCM作ろう!
以上
 

いま話題のニュース

PR