TOP > 科学・学問 > 人工的に作られたヒトの大脳で神経活動が確認される(日本研究) : カラパイア

人工的に作られたヒトの大脳で神経活動が確認される(日本研究) : カラパイア

whitehoune/iStock 私たち人間の体験はすべて脳で作られているが、その仕組みについてはまだまだわからないことがたくさんある。 たくさんの優れた研究者が日夜研究に励んでいるのに、なかなか理解が進まない原因の1つは、脳を研究するのが難しいことだ。人間の生きた脳...

ツイッターのコメント(12)

@karapaia | 既に自発発火を起こせるところまで行ってるの? 🧠
やばい、ホモンクルスかもしれない
脳の意識に関する研究が加速しそうですね😀
あったら怖いよw(^-^)/  ヒト神経細胞を使った人工的な3次元大脳組織大脳オルガノイドに意識はない
スパコンは規模が大きいほど高性能と言われるけども、ヒトの脳を際限なく大きくできたとしたら、常人には計り知れない知性が得られるのだろうか.
人工的に作られていても大脳であれば大脳の機能が生まれるのかしら
抜粋)機能的ネットワークを構築するために、成長した大脳オルガノイドからいくつか神経細胞を抜き取り、別個に培養。すると分散2週目までは散発的な神経活動だったのが、4週目からは同期性の神経活動が生じるようになった。
身体はロボットなどで与えることもできるのだろうか。 |
んー。書くと長くなるけど、人造人格を作り出すことに賛成は出来ないなぁ
機械のボディを与えてやれば意識が発生するんだな...
なんかロマンがある
意識は「主観的な体験を必要」とするために、それを作り出す入出力システムがない限りは、芽生えることがないということらしい。
脳だけでは意識が発生しない、体験という刺激が意識を生むのだ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR