TOP > 科学・学問 > ハワイで人間の脳に侵入する寄生虫の感染者を確認。保健局が注意喚起 : カラパイア

ハワイで人間の脳に侵入する寄生虫の感染者を確認。保健局が注意喚起 : カラパイア

15コメント 2019-06-06 14:50  カラパイア

Punlop Anusonpornperm / Creative Commons Attribution 4.0 Internationa これからハワイでバカンスを過ごす予定を立てている人がいたら...

ツイッターのコメント(15)

広東住血線虫は怖いからなぁ。沖縄での死亡例もあるし>
脳食い虫やんけ!!!こっわ…
>ネズミを宿主とする広東住血線虫だが、稀に人間に感染することがある。一番よくあるパターンは、サラダなどに感染した中間宿主のナメクジが付着しており、これをうっかり食べてしまうというもの
ナメクジって、マジでヤバいんだな(語彙)
問題の寄生虫は広東住血線虫(Angiostrongylus cantonensis)という。英名をラット・ラングワーム

有効な治療法は…無い
←さぁ、みんなで悪い夢見ようず
メモ:”ネズミのときと同じく、それらは脳を目指す。だが、そのほとんどが最終目的地である肺に到達することはなく、大抵は中枢神経系(脳と脊椎)のどこかで野垂れ死ぬ”>
こわ!こっわ!!
脳に寄生と聞くと、大変な事。とか、子供の頃に対象生物触りまくってたけど、自分は大丈夫?。とか考える前に、寄生虫バオー(出典:バオー来訪者)を連想して、手で何でも溶かしたり雷を出したりするイメージが最初に浮かんでしまう辺りで、自分の駄目さ加減を実感する😓
バルバルバルバルバル
脳に到達する前に死んではくれるのね。猫を媒介して脳に影響を与えるトキソプラズマはもっと危険視されるべきじゃないのか?
むかしエクソダス・コアっていうSFホラー脱出ゲームがありましてね。
ハワイで生野菜は控えた方が良いみたいだ😢
特殊なものかと思ったら、ナメクジや蝸牛に寄生する虫だったのか。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR