TOP > 科学・学問 > 人間の遺体を堆肥にし、自然に還す「有機還元葬」がアメリカ・ワシントン州で合法化される見込み : カラパイア

人間の遺体を堆肥にし、自然に還す「有機還元葬」がアメリカ・ワシントン州で合法化される見込み : カラパイア

Image by Katja Just from Pixabay  先日、アメリカ・ワシントン州の上院と下院で法案5001号「人間の遺体について」が可決された。 これは従来の土葬や火葬とはまた別の手段である。 微生物の力を借りて遺体を分解してもらい、堆肥を作り、それを自然(土)に還すと...

ツイッターのコメント(31)

個人的には一番自然で理想的だと思う
有機還元が存在していた。
「ワラやウッドチップといった自然素材に覆われ、3~7週間かけて微生物の活動によって分解される。」
ボディはこの時空で共生してきた微生物たちに分解してもらい、次の時空へテレポートしたい。
何か嫌だなぁ…

>結果として残される堆肥は、有害な病原菌や金属という点において州や国が定める安全基準を満たしているということだった(しかも土以外の臭いもしない)。

 つまり、きちんと作ったヒト由来の堆肥は、家庭の菜園にもちゃんと安全に使えるということだ。
いまどき感(⁰⊖⁰)!
有機還元葬了解。
可決されたら死ぬ前にワシントン州に引っ越そう(真顔)
ほほう。つか、土葬って火葬に比べて割高なコスト掛かってたのね~
無宗教だから死んだら問答無用で肥料にしてほしい
日本では、犯罪です。
遺体から直接食品を合成だと「ソイレント・グリーン」になってしまうけど、堆肥がワンクッションに。
「遺体の堆肥化に大賛成! 体がダメになったら防腐剤たっぷりの中に横たわらなきゃならない? 冗談じゃない。ずっと共生してきた微生物なら自然に処理させてあげてもいいね。可能な限り一番自然な方法だと思うよ」

堆肥化よりただ土に埋めるか放置が一番自然だと思うよ。
日本でもこのような選択肢があっても良い、と思います。
これは良いな。微生物に食わせるというのはほぼ理想。
ひぇっ…多重人格探偵サイコかよ…
各92合法化されれば推し92の領土になれるわけですね(疲れている)
いままでは鳥葬一択だったけどこっちの方が綺麗に還れていいな。日本でもお願いします。/
ネイティブの風葬に近いよね。
私は風葬を子供の頃から支持している。
宇宙時代になると人間の身体も資源として使われるだろうからこうゆうの普通になるんだろうな(*´ω`*)
オレもこれがいいな。
食物連鎖の輪の中に入る一番自然な埋葬だなあ。宗教的なものや堆肥で作ったものをどう思うか、色々問題はありそうだけど、気の持ち方次第だよね。
いいな〜。事前に登録しておいて死んだら処理してもらえるようになれば、惨めな印象の孤独死を防げそう。
墓の無い土葬、というわけではないの?
むむ。残った骨はどうすんだ?と思ったけど、ここには書いてないが酸性土だと数年かけて分解されるのね。
> 微生物の力を借りて遺体を分解してもらい、堆肥を作り、それを自然に還すという「有機還元葬」
>インスレー州知事が署名をしさえすれば、2020年5月から施行
高校入学したての保険体育の時間に寝てたら、「○○斎場では余った骨を肥料に使ってます」という言葉で2ヶ月前に祖父が焼かれた施設の名前が出て一気に目が覚めたの思い出した
オレも有機分解される方が良いな。
"米国では一般的な土葬の費用はおよそ88万~275万円とされる。火葬でも66万円するが、有機還元葬ならば60万円程度とかなり安く死者を弔うことができる。"
いいと思う。日本ではどうだろう。
これいいなあ。死んだら骨壷に残らんで自然に還りたいわ。
選択肢の一つとしてはありなんじゃないかのう。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR