TOP > 科学・学問 > カラパイア > 単細胞の藻類が多...

単細胞の藻類が多細胞生物に進化した瞬間を捕らえた貴重な映像(米研究) : カラパイア

13コメント 登録日時:2019-03-02 10:22 | カラパイアキャッシュ

 今から6億年ほど前、単細胞生物はより複雑な多細胞生物へと進化を遂げた。 だが、そう知っていることと、それをリアルタイムで実際に目撃することとでは、天と地ほどの開きがある。 そして、これが文字どおり目撃され、しかも動画にまで撮影されたのである。 こ...

Twitterのコメント(13)

群体飛び越えていきなり多細胞生物化?
<進化のスケールで見ると、50週というのはほんの瞬きほどの時間である。だが藻類にとっては、750世代に相当する、比較的長い時間だ>

1年足らずで変化するものなんだ。
すごい!!! /
捕食と言う脅威がもたらす進化のダイナミズム -
はてブ見ててまさかクラミドモナスが拝めるとは思わんかった |
「多細胞生物に進化」と云うより、単細胞生物が群体を形成するようになっただけのような希ガス……。
へぇ。これが進化論か。

《「シンプルな多細胞生物の最初の起源が、捕食への反応として進化しうることを証明した。」と研究論文では述べられている。》
すげー! / “ : カラパイア”
たったの50週(1年未満)で、実験グループ5つのうち2つで多細胞生物に進化したことが確認された。進化のスケールで見ると50週というのはほんの瞬きほどの時間。
単細胞が多細胞に進化した瞬間を捕えた映像
この理屈だとプレデターとか来たらX-MENが生まれるのかな
-
更に何週間かするとベム、ベラ、ベロが・・・→
外部からの刺激で変化が起こる。ぬるま湯はダメだね、と理解。
以上

記事本文: 単細胞の藻類が多細胞生物に進化した瞬間を捕らえた貴重な映像(米研究) : カラパイア

関連記事