TOP > 科学・学問 > カラパイア > 【RIP】さよう...

【RIP】さようなら!安らかに眠れ。火星探査機「オポチュニティ」がついに活動停止。哀悼を捧げるNASA研究者たち : カラパイア

15コメント 登録日時:2019-02-16 20:51 | カラパイアキャッシュ

image credit:NASA 火星に吹きすさぶ大規模な砂塵嵐により、太陽光充電ができなくなってしまったNASAの火星探査機オポチュニティ。 2018年6月10日から地球と交信できない状態が続いていたのだが、NASAの研究者たちは再び蘇ってくれることを信じていた(該当記事)。深い...

Twitterのコメント(15)

こういう話めちゃくちゃゾクゾクする
いつか太陽系内でロケットが事故って搭乗員が投げ出されて、無減速のまま宇宙を突き進むのでロケットとの通信が切れ、目が覚めたら火星でこのスリープ状態のロボットを手動で付けて助けてもらう未来とか…
軽く縁あってなんとなく意識してたんやけどなあ。
火星探査機については「ローバー、火星を駆ける」って本が面白いのでお勧め。コストと納期に苦しむ姿がすごい共感できます。  » |
「安らかに眠れ。」ではなく、そこは「我々が迎えに行くまで待ってろ」だと思う。
さようなら!安らかに眠れ。火星探査機「オポチュニティ」がついに活動停止。哀悼を捧げるNASA研究者たち |  「安らかに眠れ。」に笑ってしまった なんかカッコイイ笑
毎度思うんだけど。どうして太陽電池を掃除するハケを付けなかったんだろ?
>さようなら!安らかに眠れ。火星探査機「オポチュニティ」がついに活動停止。哀悼を捧げるNASA研究者たち :
はやぶさもそうなんだけどさ、こういう話を聞くと、つい擬人化して感情移入しちゃって、切なくなります( ˘ω˘ )
パルモたんがまとめてくれたよ
たまたま長持ちしてくれた機械ですが、一人で粛々と任務をこなした健気な機械として讃えたくなりますね!
お疲れ様でした
@berikosousaku オポチュニティっていう火星探査機とかいかがです?
2019年に活動停止になったになったんですが…というやつです
詳しくはこちらに
おやすみなさい、オポチュニティ。
いつか迎えに行ける日が来るのかな?
なんかしんみり。近い将来、誰かが有人火星航行で蘇らせてくれることを信じて・・・。/
ハヤブサの時みたいだねえ。
以上

記事本文: 【RIP】さようなら!安らかに眠れ。火星探査機「オポチュニティ」がついに活動停止。哀悼を捧げるNASA研究者たち : カラパイア

関連記事