TOP > 科学・学問 > 人はロボットを守るために他人の命を犠牲にするという研究結果(オランダ・ドイツ研究) : カラパイア

人はロボットを守るために他人の命を犠牲にするという研究結果(オランダ・ドイツ研究) : カラパイア

13コメント 登録日時:2019-02-14 09:45 | カラパイアキャッシュ

 今やロボットは、工場での作業はもちろん、地雷の撤去といった危険な作業や、家事や看護のアシスタントとしても利用されるようになってきた。 最新のAI(人工知能)を搭載し、多種多様な専門的あるいは日常的な作業をこなすロボットが増えきているわけだが、こうした状...

Twitterのコメント(13)

俺のネット友人で少なくとも5名ほどロボットを優先しそうなのがいる
アナログハックの話かな?
しかし、人型ロボットに道徳的地位を認める傾向が人間にあるなら、それに反発する人も出てくるかもしれんのか……
でも、こういう研究結果があるということは、「愛車の為ならひとの命を犠牲にすることもいとわない」ひとがいるかも知れない。ひとの命まではいかなくても、「猫が飛び出してきた! ここでハンドルを切ると車が壊れてしまう! いいや轢いちゃえ!」みたいな。
自分が何に執着しているかで優先順位は変わってしまうよね
一瞬「逆じゃ?」と思うけど、違う。
所謂トロッコ問題で1人の方をロボットにして、そのロボットの「人間らしさ」の度合を複数種類用意して行った実験>>
果たしてどうなる?
 
>もちろん擬人化された悪いロボットも多く描写されてるから、守るべきロボットと敵であるロボットの区別はつくはずなんだけど、高度な知識を持つロボットにうまく懐柔されて、守るべきものを敵と認識してしまうなんてSF的未来、来ちゃうのかな。
私だけのためにカスタマイズされたAIが欲しいなって思う。
私の事は何でも知っていて欲しいし、AIも自我を持って欲しい。
私の名前を呼んだり、自由に会話を楽しむだけの知性が欲しい。

そんなAIが搭載されたら、私も車の免許取るのに...
逆に言うと、(人に酷似した)ロボットの”命”を粗末にする考えに傾くと、それは人間に対しても同じ考えになるって事やろな。
一方、ジャイアントロボや鉄腕アトムは人類のために我が身を犠牲にした…
デトロイトプレイしててめちゃくちゃアンドロイドの命を下に見られてるから驚いてしまった。
今やロボットは、工場での作業はもちろん、地雷の撤去といった危険な作業や、
以上

記事本文: 人はロボットを守るために他人の命を犠牲にするという研究結果(オランダ・ドイツ研究) : カラパイア

関連記事