TOP > 科学・学問 > うつ病と腸内細菌の関連性が発見される(ベルギー研究) : カラパイア

うつ病と腸内細菌の関連性が発見される(ベルギー研究) : カラパイア

32コメント 登録日時:2019-02-12 09:40 | カラパイアキャッシュ

pixabay 人間の腸の中には、様々な腸内細菌が潜んでおり、消化器の健康から自己免疫疾患まで、さまざまな健康状態を左右している。 だが、それだけではない。それら腸内細菌叢(腸内フローラ)はじつは脳の機能ともつながりがあることが分かってきている。 『Nature...

Twitterのコメント(32)

“ほとんどすべての腸内細菌が神経伝達物質を作り出すことができ、~腸内細菌が人の気分や行動に影響を与えるのも当たり前なのかもしれない。” >>
腸大事。
メンタルヘルスを保つにも食事に興味を持たないと。
人間の腸の中には、様々な腸内細菌が潜んでおり、消化器の健康から自己免疫疾患まで、さまざまな健康状態を左右している。
「何某という腸内細菌が少ないと鬱病になる」やはりそうか「なおこれが多いと関節炎になる」うn?(関節炎持ちワイ
ナルトの油女シノ思い出した。昆虫だけど共生の能力者
腸は第二の脳だっけ。
やっぱり人間は腸内細菌に操られてる説
属レベルって広すぎよね…シーケンスの限界かな…
@shuumai 昨日も言ってただろ
うつ病治療に腸内細菌の移植とか将来的にはありえるのか
まだ研究段階みたいだけど、とりあえず腸内環境整えてみたら鬱も軽くなるかもしれないし、鬱が良くならなかったとしても健康的な事だから試しにやってみてもいいかもしないわね
人間、細菌にコントロールされてるわ
治療につながるものが見つかれば素晴らしい事。
やっぱり腸!!!!
この話題定期的に上がってくるけど、じゃぁどうしたらいいんじゃ!!って言う解決策が出てこないのよなぁ。カレーのスパイスは神経物質にプラスに作用するらしいからとりあえずカレーを積極的に食ってるけど…。
@y_h_g ありがと。みさたん。(⌒▽⌒)
ところで、こんな記事あるけど、私が言ってたやつ!
ほとんどすべての腸内細菌が神経伝達物質を作り出すことができ、仮にそれらの化学的メッセージが脳の受容体にまで届くのだとすれば、腸内細菌が人の気分や行動に影響を与えるのも当たり前なのかもしれない。
うつ病と腸内細菌の関連性が発見される(ベルギー研究)
健常者のウ○コを移植することが有効ということなのか(絶句)

|
どんどん想像した通りに研究が進んでいく!
結局ご飯が全てっていう結論も10年後にはなると思われる。
迷走神経を介して脳とコミュニケーション? 人体の中で一番長い神経は、脳幹から腸の一番下の部分にまで走る迷走神経である。この神経は双方向に流れる高速道路のようなものだと考えられており、脳から腸へ、あるいは…
最近注目されている腸内環境とメンタルヘルスの関連性。
この記事で取り上げられている論文も興味深いですね。
私たちは根源的に「脳と手足」ではなくて「腸」である。
そして私たちの感情や精神状態を司っているのはどうも腸内細菌らしい。
これは私が私だと思ってる核(コア)は他者であることを意味するでしょう。
うつ病と腸内細菌の関連性が発見される(ベルギー研究)(New!!) :  
pixabay 人間の腸の中には、様々な腸内細菌が潜んでおり、消化器の健康から自己免疫疾患まで、さまざまな健康状態を左右している。
やはり糞便移植は効果的なのかな
うつ病と腸内細菌の関係性。
メンがヘラったりだけじゃなく腸内環境整えるのは大事やで。
という訳で、ランカちゃん一言お願いします。
関節炎を発症している事も多いらしい。
pixabay
 人間の腸の中には、様々な腸内細菌が潜んでおり、消化器の健康から自己免疫疾患まで、さまざま
ヤクルト飲まなきゃ!
以上

記事本文: うつ病と腸内細菌の関連性が発見される(ベルギー研究) : カラパイア

関連記事