TOP > 科学・学問 > カラパイア > プラセボ(偽薬)...

プラセボ(偽薬)は、心理的プラセボ(映像)であっても効果を発揮する。信頼関係と効果説明がカギ(スイス研究) : カラパイア

6コメント 登録日時:2019-02-13 09:34 | カラパイアキャッシュ

 そのメカニズムは未だ完全解明に至ってはいないが、薬として効く成分が全く入っていない偽物の薬であっても実際に効果があるというプラセボ(偽薬・プラシーボ)効果。 偽薬だから効くはずもないのだが、医師から処方してもらうときに「よく効きますよ」と言われたりす...

Twitterのコメント(6)

何というか、脳レベル~身体レベル~細胞レベルでは、受容・作用において「嘘かどうか」「嘘と知っているかどうか」に一貫性がないのかもなと、適当な妄想。
信じることが力になる……?
"心理プラセボには高い効果があり、心理学的手法を理解するうえで重要であるとされている。一方で、まだ完全解明には至っておらず、プラセボ効果は、研究者や治験担当者にとってはいくつもの謎を突きつけるテーマの一つとなっている。"
馬鹿の方が幸せって、こういうことかもな
そのメカニズムは未だ完全解明に至ってはいないが、
以上

記事本文: プラセボ(偽薬)は、心理的プラセボ(映像)であっても効果を発揮する。信頼関係と効果説明がカギ(スイス研究) : カラパイア

関連記事