TOP > 科学・学問 > カラパイア > 例えその身が焼か...

例えその身が焼かれようとも、炎の中に5回飛び込み5匹の子猫を助け出した母猫の物語(アメリカ) : カラパイア

36コメント 登録日時:2018-12-29 11:34 | カラパイアキャッシュ

image credit:facebook ブルックリンの廃工場から火が出たとき、ひとりの消防士が目撃したものは、多くの人の心を打った。 例えその身が焼かれようとも、5匹の子猫を救い出すため5回も炎の中に飛び込んでいった猫、スカーレットは、ときに動物は人間よりもずっと勇気あ...

Twitterのコメント(36)

心清きもの・・・
猫は愛情が深く気まぐれだが好きな動物の一つ。
素直に涙腺崩壊です。
猫にも個性があるから全ての猫に言えるわけではないんやろうけど、これほど愛情深いものなんやな
スカーレットミケさんやったんやね。
新年からカラパイアの感動系
動物でもこうなのに人間ときたら
|

母は強し、って言葉しか出ないの。
泣いてまうわ!!
なのに、人間ときたら…
(´;δ;`)ううう
スカーレット 強く美しい名称だ
: ブルックリンの廃工場から火が出たとき、ひとりの消防士が目撃したものは、多くの人の心を打った。…
本能で示す母の愛
( TДT)泣ける💦
良い話だなぁ😆
猫さま最強にカッコいい✨
こんなカッコいい心を持ってる生き物は凄い😻
母の愛って本当に凄い。
その愛の深さと強さ、大きさに種族の違いなんてない。だからこそ、時折報じられる我が子を虐待、命を奪う輩の醜悪さが理解できない。
こういう気持ちの人間が増えたらいいのにね…
動物のお母さんも凄い
シマウマを育てるライオンがいる一方で子供を殺す人間もいる
母性を出せるかどうかは種族差じゃなく個体差なんだろうな、って
決死救命、いのちをまっとうした、ねこさん(´;ω;`)ウゥゥ
例えその身が焼かれようとも、5匹の子猫を救い出すため5回も炎の中に飛び込んでいった猫、スカーレット。
凄い火傷、、愛情に泣けてくる😭
こんなん泣くに決まってるやろ
例えその身が焼かれようとも、炎の中に5回飛び込み5匹の子猫を助け出した母猫の物語

身を焼かれながら助けた子猫が里子に出され奪われてしまって、この母猫は幸せだったんだろうか。
スカーレットさん…
母は強し
本になってるの?欲しいんだが。
「子を思う母の姿は、種を超えて強い」
image credit:facebook
 ブルックリンの廃工場
以上

記事本文: 例えその身が焼かれようとも、炎の中に5回飛び込み5匹の子猫を助け出した母猫の物語(アメリカ) : カラパイア

関連記事