TOP > 科学・学問 > 観葉植物にウサギのDNAを混ぜたら、強力な空気清浄機になった : カラパイア

観葉植物にウサギのDNAを混ぜたら、強力な空気清浄機になった : カラパイア

 普通に暮らしていても有害物質を吸い込んでいる可能性がある。家具や建材、壁紙に使用されているホルムアルデヒドや大気中のクロロホルムなどだ。 観葉植物がそうした空気に漂う有害物質を除去してくれることはよく知られているが、しっかり部屋の空気をきれいにするに...

ツイッターのコメント(29)

「普通の空気清浄機と比較した場合のウサギDNA植物のメリットが触れられていない」とあるが
機械ではなく植物である時点で独特のメリットだと思う(*´ω`*)
CYP2E1つよい
うちのウサギの遺伝子も僕に移植して欲しい
遺伝子操作 怖い結果にならないことを願います

ハイテク観葉植物いいな(笑)
観葉植物にウサギのDnaを混ぜたら、強力な空気清浄機になった
光合成で生きる環境に優しい動物開発が捗るな。
これは、倫理的にどうこうという問題にはならないのか?
バイオハザードにこんなやついたな
■これはもうキメラでは。
ちょっとほしい
"この酵素、アルコールを分解してくれる酵素で、これをたくさん持つ人ほどお酒に強くなるというものだ。"
汚染部室を除去するナウシカの腐海もこんな感じだったり。 / “ : カラパイア”
ヴィアンの「うたかたの日々」にこういう装置あった気がする。
なんか怖いけどすごい
マジか、ビオランテ誕生も近いな。(なおG細胞)>
うわあ、なんだろう、なんだかわからないけどすごく怖いぞ。
CYP2E1発現させたら空気清浄機並の効果ってすげーな
本当なら凄いけど、動物と植物のDNAが混合してるならウィルスとか変異が怖いよな…。
ガチなら欲しくね?
一時期、僕が飼っていた2つが合体すると、空気が綺麗になるらしい。
僕自身にも場を浄化するパワーとかあったらいいんですが^^
ちょっとウサギのDNA買ってくる
うさぎがアルコールに強い理由がDNAだったとわw
普通に暮らしていても有害物質を吸い込んでいる可能性がある。家具や建材、壁紙に使用されているホル
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR