TOP > 科学・学問 > カラパイア > 大親友の牛が売ら...

大親友の牛が売られることに。悲しみで涙を流す犬だったが、それを見かねた飼い主が : カラパイア

13コメント 登録日時:2018-11-01 12:18 | カラパイアキャッシュ

youtube 韓国の農場で暮らす小さな犬のルーキーは孤児だった。母親の愛情を知らないルーキーだったが、彼には特別な親友がいたから寂しくなかった。 その親友はとても大きなメスの牛だ。体だけじゃない、愛情もすごく大きいんだ。その牛は時に母親代わりになり、時に親...

Twitterのコメント(13)

TV局の番組(?)らしいので、やらせの可能性もないではないですが、ワンコは確かに牛にぞっこんではある様です。
泣いてしまう話ばかり…。
涙腺決壊寸前😭
よかったね!😂😂😂😂
大親友(母親代わり?)の牛が売られることに。悲しみで涙を流す犬だった… :
もう泣いてしまうよ!!→
いっぬ(`;ω;´)!
帰ってきてよかったねいっぬ。
ロマンをぶち壊すようで悪いのですが、犬猫の涙は眼病の可能性が高いんですよね…飼い主さんルーキー君を獣医さんに…
いい話だけどどうにも勘繰ってしまう。
仲のいい牛と犬が居るから引き離して感動作にとかこの国ならやりそう。
犬を食べる韓国がどうしてもそのイメージを払拭したいのね
全私が泣いたーー!!
( ;∀;) アーーー
表情が人間

ウルウルイッヌかわぽよ
以上

記事本文: 大親友の牛が売られることに。悲しみで涙を流す犬だったが、それを見かねた飼い主が : カラパイア

関連記事