TOP > 科学・学問 > 恐竜の頂点に立つ、ティラノサウルスのイメージを変えた10の発見 : カラパイア

恐竜の頂点に立つ、ティラノサウルスのイメージを変えた10の発見 : カラパイア

 今から約6,850万~ 約6,550万年前、北アメリカ大陸に生息していた肉食恐竜、ティラノサウルス・レックスは、現在知られている限りで史上最大級の肉食恐竜の一つに数えられている。 恐竜時代の最末期を生物種として約300万年間生態系の頂点に君臨するが、白亜紀末の大量...

ツイッターのコメント(17)

>ある研究によると、唇があり、歯はそれにきちんと覆われていた可能性があるらしい//
いずれ情報に行き着く。
昔本で読んだイメージとは相当違うけれど面白いなあ。
そっか~、群れてたのか~
『ティラノサウルスがどのような鳴き声をしていたか知るために専門家が調べたのは、現存する最も恐竜に近い生き物だ』それは鳥🐥

うお~おもしろかった!
へえ、吠えないかもなのか
T・レックスは吠えない。 [恐竜の頂点に立つ、ティラノサウルスのイメージを変えた10の発見]
←どの発見もかなり奇妙。『ジュラシックパーク』作りづらくなるなこれ
賢く、群れを作り、吠えない…そうだったのか…
いつの説?w
うん、ゴジラみたいな声で吠えるのはないと思ってた→
有名だけど、生息期間は短かった。せいぜい500万年。
羽毛は流石にもう受け入れられてる感あるけれど、『吠えない』は辛いです
ティラノサウルスは白亜期のライオンだったのかな
今から約6,850万~ 約6,550万年前、北アメリカ大陸に生息していた肉食恐竜、ティラノサ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR