TOP > 科学・学問 > カラパイア > 古代ローマ人が魔...

古代ローマ人が魔除け・加護に使用していたのは、空飛ぶ息子スティック形状のお守りだった。その歴史を探る。 : カラパイア

39コメント 登録日時:2017-01-06 22:47 | カラパイアキャッシュ

 今は昔、まだ現代のような薬がなかった時代、人類はいわゆる神がかったさまざまな方法で病気と戦っていた。 特に古代ローマ人は、今では考えられないような解決法に重点を置いていた。大きな息子スティック形状の形をしたお守りで、自分と家族を守ってもらうという方法...

Twitterのコメント(39)

おもしろ記事かと思ったら意外とおもしろくて最後まで真面目に読んでしまった
次男にち●このお守りが古代ローマであった筈と話したら頭から嘘だ!って決めつけられたんで調べました。
まぁ、アレだよ流行は繰り返すってやつだよ‼︎‼︎
モザイク無いんで嫌な人は注意な‼︎‼︎‼︎
@tomoe_1129 トモエさんとセンスが近そうですよ、古代ローマの民。
@TiKkf14 もしかして古代ローマにはもう生きてました?
と言うことでこれをどうぞ。
少し調べるだけでお守りの固定観念がゼロになっていく。どこに向かっていくかなんだろうな。
@yoswata @kinakomochi200 こんなのがありますよ
@guren_suzaku @YUKAR1_0329 @plan9_mimimi 古代ローマにあったこういうお守りとか、、、
これだコレだ
古代ローマだった
古代ローマのお守りがちんちんだと言うことににやけが止まらなかった。
鎖のアップの写真がありますが、当時の鎖って精巧だったのにびっくり。
@NaoNanase 古代ローマにもありますね
空飛ぶ息子スティックというパワーワード
空飛ぶ息子スティック
歴史的背景とか美術的考察とかは置いといて、記事中でさも日本人なら誰でも知ってる共通言語であるかのように「息子スティック」という造語を連発されると、その面白さに囚われてしまって中身が頭に入りません→
チ⚪コなのにブラ。
チ⚪コなのに羽がはえてる。

古代ローマは不思議がいっぱい❗
僕もこういう銀製の指輪をもう30年近く愛用してるが。
古代ローマ人ぶっ飛んでんなwww
息子スティックの語感
@ibushita いぶしたさんこの記事めっちゃおもしろいよう
一番下のをみて、「オーパーツだ!この時代にネオアームストロングジェットサイクロンアームストロング砲がある訳」
邪視の概念はローマにもあったんだなぁ。
古代においては公だった陽根信仰が、現代ではほぼ完全にアングラに追いやられているのは、面白いものだな。
マラさんの前前前世…?
息子スティックて言葉好きだな
夢に出てきそうだ!
ローマでは、ギリシャ語の「翼」がちんこの暗喩だったと。なるほどな~
カラパイアで紹介されてた大英博物館所蔵のちんこアミュレット。

何故そこに輪っかを付けた
何故そこに鈴を吊るした
何でお前はエレクチオンしてんだよ
羽まで生やしてヘヴン状態じゃねえか
"@karapaia: 【RT100UP】 "中央の拳&息子は蘭丸さん専用?
残念!息子スティックでした!!

_人人人人人人人人人人人人人人人_
> 息子スティックは繁殖の象徴 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄
どこの国も同じようなものだな。
《息子スティック》ってワードが気になっちゃって、本文が全然頭に入ってこなかったけど、つまり息子スティックってこと。

◾︎
マ、マーラ様っ
おやおや。HO-K息子スティックだと効力無さそう
以上

記事本文: 古代ローマ人が魔除け・加護に使用していたのは、空飛ぶ息子スティック形状のお守りだった。その歴史を探る。 : カラパイア

関連記事