TOP > 科学・学問 > 人は科学的根拠に基づく事実を知ったところで、信じたくないものは信じない(米研究) : カラパイア

人は科学的根拠に基づく事実を知ったところで、信じたくないものは信じない(米研究) : カラパイア

 ピュー・リサーチ・センターの調査によると、アメリカ人の33%が進化論を信じておらず、26%が地球温暖化を否定しているそうだ。これらを信じるか信じないかは、個人の信条、宗教や支持する政党によって大きく異なる。例えば、地球温暖化に関しては、共和党支持者の46%が否...

ツイッターのコメント(39)

これを痛感する事例に遭遇。
人は信じたい情報しか信じない。
ということを前提において、自分もそうなんだと自覚することによって、じゃあどうしたらいいのか?というところを考え、自分と真逆の人の話を見聞きし、推考することによって、元々ある自分の考えをより良くしていこうとしていきたいよね。
研究以前にそもそもそうに決まってますよね -
読んだ!笑った! こんなん、説得も解説も意味ない!ということやん!
「人は、事実がどうであるかよりも、自分の立場が大切なのだ。」
ま、大抵の日本人はコレなワケだ。
人間、真実を科学的な、あるいは事実を積み重ねて証明したところで、信じたい用にしか信じないのです
@Uki_pic びすけさんのお写真大好きで、自分のDMにツイートを保存してるくらいです!!これからも素敵なお写真お待ちしております( ◜௰◝ )☀︎

(過去に見たこの記事と同じように感じました)
頑なに自分の信じていることを曲げない人がいる。人は、事実がどうであるかよりも、自分の立場が大切なのだ。例え事実がどうであろうと、それがどのようなメッセージに使われている場合でも、人々の信念を元の白紙状態に戻すことはとても難しいのだ。
きつい
「科学的証拠をどんなに突きつけたところでそれが逆効果になり、頑なに自分の信じていることを曲げない人がいる」
そして分かりたくないものも分からない。
『科学的根拠に基づく真実を知ったところで、結局のところは真実を信じていることの代用にはならない』←結論がまずいかなぁ
「信仰心のあつい人は進化論を否定する傾向が強い」というのはまあ、当たり前で、彼らは創造説を信じているじゃないかなぁ。やはり、これタイトルいかんよねぇ。
自分自身が困っていなければ科学的根拠でも人は動かないと思います
【人は科学的根拠に基づく事実を知ったところで、信じたくないものは信じない(米研究)】
人の行動変容には科学的事実だけではダメなのね.
では,次の一手とは何だろう?
なるほど>人は、事実がどうであるかよりも、自分の立場が大切なのだ。
そして、いい音のケーブルなんて存在しない。
拡散‼️😵😂
「人は科学的根拠に基づく事実を知ったところで、信じたくないものは信じない」ていうタイトルがカラパイアに出てるのが面白い。カラパイアが解らない人は「学研ムー」と思って。  私のこの偏見がまた再帰的で面白い。
ホントこれなぁ。豊洲の件にしても、福島の件しても、結局人の思想信条に対して科学は無意味ってのが残念でたまらん。
福島や豊洲にぴったりな話。
放射脳の鼻血芸人の雁屋サンの話題に合わせたかのようなニュース
そういう事ですよね☞
こんな事は社会的常識だよ。そうでなければ創造論を学校で教えたり迷信が跋扈したりしない、もう少し風通しの良い社会が実現しているはずだ。
・・・痛いほど、痛いほど納得。
捕鯨とか、慰安婦とか、日本のUFO事件とか
今の日本の右派左派の対立もこれ
2014年の記事
人は科学的根拠に基づく事実を知ったところで、
信じたくないものは信じない(米研究)
2014年の情報。
"信仰心のあつい人もそうでもない人も科学的知識に差がないことがわかった。また、例え正しい知識を持ち合わせていても、信仰心のあつい人は進化論を否定する傾向が強いこともわかった。" / “人は科学的根拠に基づく事実を知ったところで、…”
2014年の記事だけど、時々引っ張りたくなるのでメモ /
自分に都合の悪い事実を得もないのに認めるヤツはバカ。真っ赤な嘘でも家族、友人、事情を知らない人は信じてくれる。特に家族や友人は勝手に好意的解釈で庇ってくれる。

人は科学的根拠に基づく事実を知ったところで、信じたくないものは信じない
「アメリカ人の33%が進化論を信じておらず、26%が地球温暖化を否定しているそうだ。」

進化論は概ね信じているけど、地球温暖化は十分な証拠はないと思うし、人間の影響に結び付けるのは無茶だと思う。
信じたい物を信じる為に、それを反証する物を拒む、って感じ。が、科学の神髄は反証する物を探し出す意地悪さだからね。
「採用時の面接評価と3年後の業績評価の間には統計的に有意な関係が無い」と語っても多くは受け入れず、面接効果に疑問を持つ人だけがこの事実に飛びつく。科学的な事実を受け入れるからどうかは、その人が生きる大きな物語に合うかどうかで決まる。
なんか分かるな。自分も大地震来ないと思ってるんじゃないかって思う時ある。なんも用意してない。
虚構の中でしか生きられないとは思うけど、虚構の世界と思うのもまた虚構なのかな。。
頑なに危険だと騒ぐ人達見てると納得せざるを得ない(´ω`)→
一度文化的、政治的な視点ができあがってしまうと、例え事実がどうであろうと、人々の信念を元の白紙状態に戻すことはとても難しい>
以上
 

いま話題のニュース

PR