TOP > ネタ・話題 > 【海外の反応】 パンドラの憂鬱 海外「結局は民度の違いだ」 米紙『日本はたった1つの単純な方法でコロナを収束させた』

【海外の反応】 パンドラの憂鬱 海外「結局は民度の違いだ」 米紙『日本はたった1つの単純な方法でコロナを収束させた』

東京都内の新型コロナウイルスの1日あたりの感染者数は、今年1月7日に過去最多の2447人となりましたが、緊急事態宣言の発令後は減少傾向に転じ、今月8日は276人と、去年12月7日以来初めて300人を下...

ツイッターのコメント(11)

翻訳※より
”「1日に6万円の協力金」
ちゃんと中小企業をサポートすれば、
コロナにちゃんと対処出来るようになるのよ。
アメリカの議会にいる人たち、聞いてる?!”

日本の特定野党の議員さんたち、聞いてる?!
📄 💬 政府が何もしなくても暖かくなってくれば勝手に減るからなぁ
第一波の頃に聞き、覚えた言葉
「銀の銃弾なんて、無い」
土足厳禁と綺麗好きな国民性と結構ルール守る人がいるからかな。欧州の人、自宅で2週間安静にしてと言われても外出してクリスマスパーティーに行っちゃうからなあ・。
日本のコロナ対策への海外での評価。まあ情報量が少ない中での客観的な意見なんだろうけど「食事中の会話が良くない」というシンプルな対策とその結果が好評価になってそう :
コロナでてんやわんやしている最中だが、
海外では『日本のコロナ騒動は終息している』という認識。
ホムパの頻度の違いってのは、間違いなくあるだろうね。だからアメリカでは日本みたいに飲食店の営業規制だけでは減りにくいんだろうな >
メリケンより日乃本の国に生まれてよかったなぁ。
何だよ、「ロックダウンの禅アート」って。
まとめサイト云々とか日本スゲー系云々とか、そういうのを無視させてもらってでもこのサイト(ブログ)だけは毎日チェックするのは、

更新が毎日23時ちょうど

だからなんだなぁ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR