TOP > ネタ・話題 > 【海外の反応】 パンドラの憂鬱 海外「また日本が動いてくれた」 安倍政権が香港の人材の受け入れ推進を表明し話題に

【海外の反応】 パンドラの憂鬱 海外「また日本が動いてくれた」 安倍政権が香港の人材の受け入れ推進を表明し話題に

中国政府が計画している香港への「国家安全法」の導入。草案には「政権転覆」、「国家分裂」、「テロ行為」、そして「外部勢力による危害」の4つの犯罪行為に関し、それぞれの刑事責任を明確に規定しています。香港...

ツイッターのコメント(10)

安倍総理
「香港国家安全法」を巡る自民党・片山さつき氏への答弁の中で、香港の金融人材などの受け入れを推進していく事を表明

現地の人々からも喜びと期待の声
一切こういうニュースを報道しないクソメディアの存在価値について。
このサイトで初めて知った(-_-;)
イギリスと台湾に続いて日本もか。
びっくりで考えがまとまらないぞ?
自民党政権が言うというこのシュールさよ。そして香港人はコメントした後、シンガポールへと向かうのであった……:
これだから倒閣したい連中は必死なんだねぇ。
旧民主系だったら「香港市民は秩序をもって」とかいうぞ。
最善でなくても今は自民でよかったよ。
香港で が施行されて脱出を考える人が増えつつありますが、日本政府が金融人材に對する入口を開けることに歡迎する聲が出ています;スパイには注意が必要でしょうね・・・
日本が欲しい人材は欧米のが条件が良いからって、大半が来なくて、期待してるのと違う層が来そうな予感。政治家が、本当に受け入れたいのは中国のスパイだったりして?
喜んでもらうのはもういいからちゃんと英語できる環境くらいは整備する契機にすべき
←知らなかった・・・。報道されないだけで、安倍総理は真っ正面から中共産党と対峙しようとしてる・・・
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR