TOP > ネタ・話題 > 【海外の反応】 パンドラの憂鬱 海外「これが本当に敗戦国なのか…」 1960年代の日本の発展ぶりに外国人が衝撃

【海外の反応】 パンドラの憂鬱 海外「これが本当に敗戦国なのか…」 1960年代の日本の発展ぶりに外国人が衝撃

今回は、1966年(昭和41年)の東京の様子を収めた映像からです。今から53年前となる1966年は、日本の総人口が1億人を突破した節目の年で、海外観光渡航の回数制限撤廃、メートル法完全施行、 ビートル...

ツイッターのコメント(10)

・青地に白斑点の茶碗と湯飲み(うちにまだあると思う)
・ガス炊飯器(今でも市販してます)
・カブの運転がノーヘルでも違反じゃない
動画後で見る
1960年代の日本の発展ぶり
動画最後の食卓に混ざりたそうな犬やばいww可愛いww
頂きます。言わないのは気になるなー。
子供の頃の風景。もう半世紀経ってしまった。
サザエさんと同世代の時代の世帯のありふれた生活。
こんな感じでした。懐かしい。-
✒1966年当時の東京の様子が映像で観れます!

昔の生活を知るのが好き。
物価驚いた。
ニラが1束15円😳

昔の車、可愛い形。
クラクション結構鳴ってたんだ。

53年経った今では見なくなった仕事や激減してる仕事が映像の中にありました。
・路上で靴磨きする婦人
・豆腐屋
日本ってすごいんだって
映像が面白い。銀座、有楽町、新橋、上野とか映ってるねん。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR