TOP > ネタ・話題 > 【海外の反応】 パンドラの憂鬱 海外「日本はアジアの救世主だった」 日本軍を歓迎するマニラ市民の姿に様々な声

【海外の反応】 パンドラの憂鬱 海外「日本はアジアの救世主だった」 日本軍を歓迎するマニラ市民の姿に様々な声

1946年に独立するまで、4世紀近く植民地支配を経験したフィリピン。1521年にマゼラン率いる艦隊が上陸して以来スペインの植民地となり、1898年に起こった米西戦争の際に一度は独立を宣言したものの、独立に全面協力することを約束していたアメリカによりその約束を反故にされ、米比戦争の結果、今度はアメリカの植民地となりました。ご紹介する写真は、1941年から1942年の「フィ...

ツイッターのコメント(13)

「同胞を傷つけたのは朝鮮半島出身の兵士だったって。基本的に日本兵は、良い人はとことん良い人だったみたいだよ。」
このコメントが違いを表している。
コメント欄がどれも興味深い。
大東亜共栄圏構想の元に、欧米の植民地支配から解放する目的で進軍したんだが、兵站が貧弱でうまく行かなくなったんだよね。(^^;)
戦争を生き抜いた俺のおじいちゃんの話によると、
  フィリピン人に対してひどかったのは、
  朝鮮半島出身の兵士たちだったみたいだよ。 +2
―――「残虐行為をしたのは在日朝鮮兵。日本はフィリピンを植民地化したアメリカと戦った。そのアメリカの道具として使われたのがフィリピン人」事実は一つです。
朝鮮系日本兵の蛮行を指摘する書き込みもあるんだ。
日本兵は優しかったが朝鮮人の日本兵は酷い事ばかりした!大東亜戦争からかよバカチョン!
戦勝国によって歴史は作られる。戦勝国の多くは植民地政策でアジアを苦しめていた国々。
日本が悪玉に書かれても当然でしょう。
当時の日本の全てが正しかったと、自分は言わない。だが、先祖に泥を塗ってまで、歴史を「修正」しようとしているのは、一体どちらなのか。
フィリピンが親日は流石に無理があるだろ
無血開城して去った米軍とマニラを廃墟にして徹底抗戦し、占領施策のマズさから住民を敵に回した日本軍
レイテ沖海戦では住民が漂着した生き残りを撲殺して廻ってたとか
ほー → "母親の話だと、同胞を傷つけたのは朝鮮半島出身の兵士だったって"
台湾でもそうだけど、教科書などでは日本悪者っていう反日教育が行われてきてる。これを打破してくれるのは当時を生きてきた数少ない生き証人だけ…。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR