TOP > ネタ・話題 > 【海外の反応】 パンドラの憂鬱 海外「まったく日本人は…」 日本発の絆創膏の貼り方が革命的だと海外で話題に

【海外の反応】 パンドラの憂鬱 海外「まったく日本人は…」 日本発の絆創膏の貼り方が革命的だと海外で話題に

今回は海外で話題になっている、剥がれにくい絆創膏の貼り方からです。現在一般家庭でも使われている救急絆創膏は、ジョンソン・エンド・ジョンソンのアール・E・ディクソンが考案し、1921年に「バンドエイド」の名で販売しました。後にジョンソン・エンド・ジョンソンの副社長となるディクソンは、新婚当時の妻が度々台所で怪我を負っているのを見て、一人でも手当てができる包帯を作れないかと思...

Twitterのコメント(32)

グレートだぜ!^ ^
これは賢いな。
でも指先のは互い違いにする方が剥がれにくいと思った。
これはいい。
日本発らしいけど知らなかった。これは覚えておくといい。
すごい!!!知らなかった、今度指切ったら絶対やってみる。→
こないだまで指先にケガがあったけど、もう治った…。
もうちょっと早く知りたかった。
簡単でかつ画期的な貼り方でござるな。今までこういう事に気が付かなかったので勉強になったで候。→
これ凄いなあ。 / “ 日本発の絆創膏の貼り方が革命的だと海外で話題に”
これは使える!
この貼り方、目から鱗。なるほど~。φ(..)メモメモ
日本発の絆創膏の貼り方が革命的
女性「いたっ」
男性「大丈夫?」
女性「この動画の真似をしてたら指を切っちゃった」
男性「えっ、絆創膏を貼ろうとして?ははっ、キミには恋人が必要だね(ぎゅっ)」
女性「まあっ」
CMにどうぞ(笑)
この記事を見た2日後、包丁で指を切ることになり、早々に実践することとなった。
コレはお見事。用途によっては水絆創膏のほうが便利でもあるけど
現在一般家庭でも使われている救急絆創膏は、ジョンソン・エンド・ジョンソンのアール・E・ディクソンが考案し、1921年に「バンドエイド」の名で販売しました。
鳥は相手の人間をパートナーだと思うと気を惹こうとして声を真似るらしい。

なので、パートナーだと勘違いしている鳥に話しかけると言葉もどんどん覚えてくれるかも。
マジか天才かよ。俺も実践する
これは日本人の俺でも目から鱗d(^_^o)
バンドエイド活用。米国企業生の製品を日本人はアイデアで使いこなす。
日本発の絆創膏の貼り方が革命的だと海外で話題に
これ素晴らしいです!
これはすごいが役に立つ場面まで覚えていられる自身はない。
たまにやるやつだ
絆創膏の両側にハサミで切り込みを入れて、クロスさせる事で、剥がれにくくなるというわけです👏👏👏
この発想はなかった / “ 日本発の絆創膏の貼り方が革命的だと海外で話題に”
これは凄くいいな。
なんで今まで気がつかなかったのか。
最初から切っとけよ!
この絆創膏の張り方は確かに便利だと思う。こういう発想はすごいと思う。絆創膏を使う機会があった時に実際に試してみようと思う。
以上

記事本文: 【海外の反応】 パンドラの憂鬱 海外「まったく日本人は…」 日本発の絆創膏の貼り方が革命的だと海外で話題に

関連記事