TOP > ネタ・話題 > 【海外の反応】 パンドラの憂鬱 海外「連合国はひどい!」 GHQによる戦後の『刀狩り』に海外から悲痛の声

【海外の反応】 パンドラの憂鬱 海外「連合国はひどい!」 GHQによる戦後の『刀狩り』に海外から悲痛の声

1945年(昭和20年)9月、当時日本を占領していた連合国軍は、日本の武装解除の一環として武器類の提出を全国に命じました。この「銃砲等所持禁止令」により、狩猟用と射撃競技用以外の銃器類と、美術用以外の日本刀を所持することが不可能に。日本全国で300万に及ぶ刀剣が没収されたと言われており、中には名刀も多く含まれていたそうです。翻訳元では、写真とともにこの歴史が紹介されているの...

ツイッターのコメント(24)

これな...😭アメリカ帰りの同田貫みたいにいつか帰ってきてくれたらいいねえ💦
GHQの刀狩り・・・
知らされない歴史が
ここに(>_<)
(´-`).。oO(扱いの酷さに泣ける…)⇒
こんなニュース見つけたけど、戦後の混乱で手元に戻ってきていない名刀まだたくさんあるんだよね
価値のない量産刀ばかりじゃないんだけど、そこは(・x・)か
コメントも負けたからどうでもいいじゃないんだけどね
持ち主を探さない時点でアレか
当初は最終的に持ち主に返されると約束されてたんだよ。
戦後の混乱が落ち着いた後に手元に戻ってくるように、氏名や住所を書いた布を刀に巻きつけてたの。実際持ち主の元に帰ることはなかった。
>負けたから仕方ないって思考が大勢を占めている
>何をされても遺憾砲しか出せない国になってしまった
>戦火に散って行ったのは殆どが市井の人々
>彼らは今の日本をどう見るんだろうな

「連合国はひどい!」 GHQによる戦後の『刀狩り』
米兵は日本兵の頭がい骨も戦利品として持ち帰りました。悲しい・・・まだ英霊は成仏してません。

日本人の
知らなかった
写真が物語る。
祖父も軍刀拵えにした家宝を戦地に携えて行ったんだが、終戦後半島から日本への送還条件として(たぶん米軍に)没収されたって悔しがってたな……。 / “【海外の反応】  GHQによる戦後の『刀狩…”
刀狩りってw
武装解除で軍刀を差し出すのは当たり前だし、差し出す側も受け取る側も、それが軍人としての礼儀だよ。
日本全国で300万に及ぶ刀剣が没収されたと言われており、
中には名刀も多く含まれていたそうです。
けっこう残ってたんだな。
当然だな!イエローモンキー!
って米で溢れてるかと思ったら…時代も変わったもんだなあ。
死んだばあちゃんの話では、戦後よりも、戦中の供出の方がもっと刀狩っぽかったらしいがw
じいちゃん、供出に名刀めっさ出してたてよ。みんな結構隠してたのかね?
赤羽刀ってやつだね。保管状況が悪くてさびついてるのをとぎ直したりしてるはず今も
祖父も、家宝の刀1組持って出兵して、捕虜時代に没収されたって言ってたなあ。小刀(バット大くらい)だけ、友達になった米国人将校が探し出して返してくれたらしいけど
進駐軍にとっては危険を感じたための所業であろう。ただしそれをどう処分したか?単純に戦利品として持ち帰って私物としたのではないか?刀は家の宝。できれば返してほしい…「連合国はひどい!」
戦利品として、あとは武器の没収として、だろうけどね。返還も難しいんじゃないかな、その理屈だと大英博物館とか空っぽになっちゃうよ?
なっ?鬼畜だろ!
- 【海外の反応】 パンドラの憂鬱
ghqによる戦後の『刀狩り』に海外から悲痛の声
2016/08/15 23:00
以上

記事本文: 【海外の反応】 パンドラの憂鬱 海外「連合国はひどい!」 GHQによる戦後の『刀狩り』に海外から悲痛の声

関連記事