【海外の反応】 パンドラの憂鬱 海外「中国の歴史は嘘だ」 米紙が指摘する欺瞞に満ちた中国の歴史認識

今回は中国の歴史認識に関するウォール・ストリート・ジャーナルの記事から。要点は以下・日中戦争時に日本と8年に渡り対峙してきたのは国民党トップの蒋介石であり、 終戦後に戦後処理について米ルーズベルト大統領、英チャーチル首相と、 同じテーブルで話し合ったのは蒋介石であった。・しかし現在の中国政府は、蒋介石を歴史の脇役として位置づけている。 日本を破ったのは蒋介石ではなく、毛沢東と共産...

Twitterのコメント(31)

WSJは、朝鮮半島の歴史についても、客観的な視野と正直な正しい史実を発信するべき。
人類史上最大の大間抜けは日本民族だろうね、それだけ善良な民族でも有るのだが。
嘘つき中国共産党という漫画が今話題だから是非読んで欲しい。マジ大日本帝国時代を髣髴とさせる。
南シナ海と尖閣諸島近海で傍若無人に振る舞い、親中派左翼を利用して沖縄を間接的に侵略しようとしている中国が実は世界の手の内で転がされてる事に気付くのは何時だろう?
先の大戦で日本軍が殺害した中国人の数より、戦後毛沢東と中国共産党が殺害した中国人と周辺地域の人々の数の方が遙かに多いんだよな。歴史は勝者が作る、だな。
元記事が見られないので、いつ出た記事か分からないけど、西側から中共潰しの記事が出た意味を思う。
「国連常任理事国は本当は台湾」まで言って欲しかったわ
アイヤ~~~~~、バレたアルヨ💦
【 米紙が指摘する欺瞞に満ちた中国の歴史認識】

今回は中国の歴史認識に関するウォール・ストリート・ジャーナルの記事
当時の共産党は何もやってないじゃん。
毛沢東は逃げまわってた。
中国のプロパガンダは歴史から作られていくんだね。
海外「中国の歴史は嘘だ」⇒「日本軍と戦ったのは蒋介石率いる国民軍=現台湾」「米国の参戦なしに中国勝利はない」 米WSJ紙が指摘する欺瞞に満ちた中国の歴史認識 【正論! 米誌が漸く中国のウソを暴き歴史の真実を語る様になった事を大歓迎!】
嘘はいけない!どの口が嘘つきなんだ!
「・冷戦時は日米を引き離すべく、戦時中の日本の行為について一切非難をしなかった。しかし天安門事件後は、党の正当性の後押しを反日ナショナリズムに頼った。」
普通に足し算引き算ができれば韓中の歴史ってのは嘘がわかるんだが!
しかし、主悪根源はルーズベルトとチャーチルだ!
ウォール・ストリート・ジャーナル紙が指摘する欺瞞に満ちた中国の歴史認識
@ChnEmbassy_jp

 同じテーブルで話し合ったのは蒋介石であった

・しかし現在の中国政府は、蒋介石を歴史の脇役として位置づけている
 日本を破ったのは蒋介石ではなく、毛沢東と共産党軍ということにしたいのだ


2/2
…歴史修正主義者が何を言おうとも、全ての証跡を修正することは、不可能。
…証跡を知る人々が居る限り、真実は受け継がれる❗
世界中から非難される支那の歴史捏造大事件。土下座しても許しませんぞ■
彼らはその都度歴史を修正しているから、ご都合のよい事しか残りませんねえ。
こういう事実を知っている人が少しでもいてくれるとは。

- 【海外の反応】 パンドラの憂鬱
日本で言えば中国は日本の戦国時代並みの発想しか進化してませんから>
トップが交代するたびに中国の歴史が変わる(^_^;)
うん、全部知ってる!
しかし天安門事件後は、
党の正当性の後押しを反日ナショナリズムに頼った。
中華人民共和国が日本に勝ったという欺瞞は、多くの海外の人も怒りを感じている!ネット社会の功績なので…
より。
事実を史実に。
毛沢東が日本に勝利したという中国のプロパガンダ歴史を欺瞞だと指摘する外国人が多くて少しビックリしました。意外に中国の歴史をちゃんと勉強しているんですね。日本もそんな教育しろよ!
,

「中国の歴史は嘘だ」 



中国の歴史認識に関するウォール・ストリート・ジャーナルの記事から。
米WSJ紙が指摘する欺瞞に満ちた中国の歴史認識
>当時の代表は蒋介石であり、毛沢東はその場にはいなかったからだ。
特亞では「自分の利益の守り方」デタラメでもいいから とにかくデカい声を 絶え間なく出し続け カスでも良いから 味方の頭数を揃える。つまり続ければ嘘も真実に見える。と言う事。 米紙が指摘する欺瞞に満ちた
支那を批判するのは当然だが、アメリカが日本に仕掛けた戦争の話は、未だにネットですら、語られていない。(一部ではアメリカの悪行が語られ始めた)
戦犯ルーズヴェルト。
中身は、まぁ一読してください。日本では以前から指摘されてたことですが、WSJが書いた記事ってのが、意外と言えば意外。あと、さりげなく「(韓国は例外だが)」って書いてる
以上

記事本文: 【海外の反応】 パンドラの憂鬱 海外「中国の歴史は嘘だ」 米紙が指摘する欺瞞に満ちた中国の歴史認識

関連記事