TOP > エンタメ > 平手友梨奈を語ることは、罪なのか? 欅坂46東京ドーム公演に寄せて - KAI-YOU.net

平手友梨奈を語ることは、罪なのか? 欅坂46東京ドーム公演に寄せて - KAI-YOU.net

22コメント 登録日時:2019-09-27 19:16 | KAI-YOUキャッシュ

廃墟のようなステージを一人彷徨う平手友梨奈。瓦礫の隙間から降り注ぐ光のようなトップライトに照らされたグランドピアノにたどり着いた彼女は、光のなか一音だけピアノの鍵盤を静かに叩く…。欅坂46の「夏の全国アリーナツアー2019」ファイナルとなる東京ドーム追加公演は、そんな演出で幕を開けた。入場SE「Ove…...

ツイッターのコメント(22)

この記事書いた方が、「この原稿を書いた後2週間くらい、ひどく気分が落ち込み何も手につかなかった」ということを他の記事で書いてたけど、その感じが影響力なんか無い自分にもちょっと分かった…
正直わりときつかった
彼女が卒業したら、その後の欅はどうなるんだろうね・・・。
@kai_you_ed
表面的にしか自分を知らない人間にこんなに自分を知ったように語られていたら気持ち悪いよなと思ってしまう
うーん細かい所は別にして概ね同意。危惧するのはてち単独公演のアンサンブル欅という集団になる事。ここまできたらパフォーマンス集団としての欅坂46劇団であって欲しい。看板俳優がいても演目によって見合った役者を主役に。其々個性の強い主役級の役者が揃っている劇団に。
この記事について自分が何か語るには、もっと欅坂46を知らなくてはいけない、見なくてはいけないと思ったが、取り敢えず全部読んだ。

@kai_you_ed
終始滑稽な記事やった
"少し話を遡ろう。言いにくい話ではあるが、欅坂46というグループ、そしてその周辺が、いつからか重苦しい空気に包まれるようになっていたのは、彼女たちを追いかけている者なら誰もが知ることだ。"
勝手な感想だけど、サイマジョから一貫した平手の世界観はブレてないと思うし、欅坂は良くも悪くも変わらない。周りの人は自分の期待にそぐわないだけで離れていく。それに媚びないアイドルもいても良い。何よりも世間がもう認めている。
@kai_you_ed
こんなに共感する文章ないな。だから好きなんだろうな欅が平手が。厳密には"好き"ではなく、憧れてもいるし尊敬もしてるしまあ力強い興味の対象だよな。

@kai_you_ed
骨のある批評だけどやはり苦しい。
平手の存在が秋元批判だというなら、それは同時に「思ってもいないことを言ったり、どこにも実態のない笑顔を浮かべたりする」他のメンバー(=普通のアイドル)への批判であり、だったら早くアイドル辞めなさいとしか言えない。
今回の欅坂ドーム評で一番共感する、というか自分もあのステージで初めて"平手友梨奈を中心に"グループを観たけどその視点の切り替えすら平手さんの存在意義を証明している。語らざるを得ない、そういう人をカリスマと言うのだろう
@kai_you_ed
上手く言えない事を流れるように言ってくれる言葉に出会った時の驚嘆。初めて読書が心の底から好きになったきっかけをくれた本を読んだ時のような感情。自分の言葉では結局、友梨奈ちゃん大好きだよしか言えんから。
引用>>>平手友梨奈はカリスマであると同時に、かつて誰もが持っていた”何か”だ。むしろ、かつては誰もが、平手友梨奈だった。それこそが、彼女が私たちを惹きつけてやまない、それと同時に疎ましくさえ感じさせる、強烈な求心力の理由の一つだろう。

この文章すごく刺さる。
これがとっつきにくく感じるんだよな。
食わず嫌いは無生産だから聴くし
これが他のグループを見ての売り方だからいいんだろうけど
やっぱりどこかで、違和感を
感じる。
概ね同意だけど表現が大袈裟かも。てちゴジラは現場にいる時もいない時も意味を持ってしまう脅威。今後も気が向くままに欅を助けたり潰したりすると思う // @kai_you_ed
Discover(Google)から
いやあこれは面白い
深みが深い…!
難しいけど、惹かれる存在。
文中に【決して「欅坂46とは“平手友梨奈とその他大勢”である」と言いたいわけではない】と記載されてるが、結論からすると【欅坂46とは“平手友梨奈とその他大勢”である】としか読めない。残念。
「欅坂46とは平手友梨奈のことである」と秋元康が言っても誰も否定はできないだろう
◼︎ @kai_you_ed
照沼さんの欅坂評、核心をついてるな…
目を覚ませと言われたようだ。
語る事から逃げちゃ駄目だ。

@kai_you_ed
以上

記事本文: 平手友梨奈を語ることは、罪なのか? 欅坂46東京ドーム公演に寄せて - KAI-YOU.net

いま話題の記事