TOP > エンタメ > 一流ジャズミュージシャンが語るJ-POPの面白さとそこから見える可能性 - KAI-YOU.net

一流ジャズミュージシャンが語るJ-POPの面白さとそこから見える可能性 - KAI-YOU.net

18コメント 登録日時:2019-05-15 15:54 | KAI-YOUキャッシュ

時代は令和に突入し、新しい時代が幕を開けました。しかし反面、一時は韓国や中国などアジア諸国の若者の憧れの的だったJ-POPの栄華は、完全に終焉を迎えたといっても過言では無いでしょう。その証拠に、近年J-POPに代わって台頭してきたK-POP発のヒップホップ・グループBTS(防弾少年団)がリリースしたアルバム3枚が…...

Twitterのコメント(18)

“彼もまた、アメリカの多くのJ-POPファンと同様に、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』『ゴールデン・アックス』『ベア・ナックル』などの日本産のゲームをプレイする中で、日本のゲーム音楽に魅了されていった一人です”

正直ちょっと文脈が読めなかった

@LiT_Japan
“「タ・タ・タ・タ・タ」という風に一つ一つの音がチョップされているように聞こえるんだ。それが日本の音楽にも反映されている”ってアフリカバンバーターも似たようなこと言ってたよな。
@LiT_Japan

ジャンルなしに音楽が好きな理由が、分かった気がします。
中々面白い記事でした。
興味深い記事だった🎶
ーーーーー
「J-POPのメロディは悲しさと前向きさを同時に提示している」めちゃくちゃ興味深い記事!!!
@LiT_Japan
こう考えるに至った原因の記事、このyoutuberの動画は理論とか音楽についての内容を深く掘り下げてるから面白い
@LiT_Japan
おもしろいな
J-POPの音楽のジャンル捉えは
「アレンジのバリエーション」に過ぎない。メロディーを引き立てるファッション。
この記事にででくる言葉自体のリズムという視点
@LiT_Japan
Perfume絡みの記事なので拡散。水道夏のサビに感銘を受けたとか? 既出だったかしら? 記事最初の動画は菅野よう子さんのTank!です。動画の最後はポリです。 @LiT_Japan
日本の良さを海外の人に聞くとなにか気づけることってありますよね。
Patrick Bartley(JAZZミュージシャン)が語る日本語の特徴的リズム感

✅Scotch Snapsは、言語のリズム感が独自の音楽を生む
✅日本語:短母音 | 英語:長母音
✅日本語は「子音・母音…」のパターン
✅一つ一つの音がチョップされているよう
✅英語は音同士が繋がりスイング
〝日本語には短母音しか存在しないんだ。ここが長母音を持つ英語との違いだ。〟←やはり、英語圏の人々には日本語の長母音があまり理解されていないようだ。
@LiT_Japan
昭和歌謡曲の歴史を聴くと1970年代までの歌謡曲の伴奏はジャズミュージシャンです。大戦中禁じられていたジャズが敗戦を機に浮上、笠置シヅ子のブギウギ歌謡を経てジャズ3人娘(美空ひばり・江利チエミ・雪村いづみ)等が歌謡曲の基礎を作りました。

@LiT_Japan
良記事!これはすごくおもしろかった! →
【日本の音楽業界が参考にすべき考察】




J-POPが衰退しK-POPが台頭する今、日本の音楽の可能性に迫る
以上

記事本文: 一流ジャズミュージシャンが語るJ-POPの面白さとそこから見える可能性 - KAI-YOU.net

関連記事