コロナ飲み薬、進む開発 早ければ年内の処方も 東北医科薬科大・久下教授に聞いた | 河北新報オンラインニュース / ONLINE NEWS

62コメント 2021-09-16 16:53 河北新報

ツイッターのコメント(62)

コロナ飲み薬の開発急ピッチ、年内の処方も 
2021年09月16日 16:07
イベルメクチンなら遥かに安く直ぐに手に入り実績も無数にあるのに待つ必要ないのに。😂
希望見えてきた…!!
やるじゃん塩野義。来年の春は花見できる🌸
河北新報こと別名フェイク新報,興和・北里大学・東京都医師会が協力し10/22→2022年3月末まで治験する を忘れたか⁉️

しょせんフェイク新報の報道力は東北地方のブロック紙および宮城県のローカル紙程度でしかない。
なりほど
大変参考になった
ますます積極的なPCR検査が必要かな/
経口薬出てくると一気に2類扱いから5類扱いに移行すると思います。ただ、抗インフルエンザ薬と同じく耐性化が一番の問題なのですが。。。
第三相まで進んでいる外資3社のどれかが開発に成功したと発表したら、レナサイエンスの株価は暴落しますよ😭😭😭
コロナ飲み薬が、早ければ年内の処方となる見込みです。
陽性と分かった時点で服用することで、症状のないまま完治できる可能性もあるとのことです。
専門家の見解では、変異株に対応した追加のワクチン接種と、感染初期に処方する経口薬は両方重要のようです。
【コロナ飲み薬】
「最初は輸入頼りで供給量は多くないだろうが、ワクチンと比べれば早期に安定供給が可能。順調に進めば年末から来年初め頃には国内でも処方が始まるのではないか」

📝
 
PR
PR