技術的にガチでスゲー! ロボット掃除機「新型ルーロ」はここまで進化した【家電製品レビュー】- 家電 Watch

13コメント 2020-04-20 08:05 家電 Watch

国内大手メーカーのロボット掃除機としては後発で、2015年にリリースされたパナソニック製の初代ルーロ。それから改良を重ねること4年。ルーロのフルモデルチェンジと位置づけられる、革新的な進化をとげた新型...

ツイッターのコメント(13)

前にルンバと比較した宣伝記事見かけたけど、比較で知るルンバの足りない所は参考になった
»
段差上がれるのは凄いな。
SLAMは家のなかだと壁があるからわりと補正しやすい。もちろん障害物の移動が発生すると厄介だけど。たぶん走行距離と方向転換の精度が上がったんだろうね。|
Anker のみたく拭きがなんとかなればルーロ1択なんだよな
これは期待出来そう
はーー進化したねぇロボット掃除機。いつかこれが標準になるんだろうなぁ。
段差に乗り上げるときに前方をピョコッと浮かすのすげぇ。レーザーを使った全方位レーダって、自動運転車とかで使われてるLIDARってヤツと同じ技術かな。 →
アクティブリフトおもしれ~
どこがプロの家電ライターだよ。嘘ばっかり書きやがって。なるほど出まかせ記事でメーカーから金もらうのがプロなんだな。
これToF搭載してるってこと…?→
以上
 
PR
PR