TOP > 2chまとめ > 鈴木茂晴(日本証券業協会会長)の「私の履歴書」、大和証券入社から犯罪すれすれの武勇伝に様変わり : 市況かぶ全力2階建

鈴木茂晴(日本証券業協会会長)の「私の履歴書」、大和証券入社から犯罪すれすれの武勇伝に様変わり : 市況かぶ全力2階建

36コメント 登録日時:2020-01-13 21:12 | 市況かぶ全力2階建キャッシュ

日本証券業協会会長の鈴木茂晴さんは大和証券の社長、会長を務めました。バブル期の狂乱、その後の長い不況を経験し、やがて同社のトップに。住友銀行との提携と決別の舞台裏も赤裸々につづります。型破りな証券マンの波瀾万丈の物語です。 https://t.co/9Ys43OD8hG— 日経...

ツイッターのコメント(36)

この倫理観の無さはさすが株屋さん
もう時効、万事大らかな時代といえばセーフという風潮… /
こうやって投資をしようとしてた人は引いて行く。
武勇伝、最高ですね。
こんないい加減だから日本の金融企業はアメリカに全く追いつけない
調子乗せちゃうとなんでも喋るタイプのバカか。終わってるだろ。
やっぱみんな思ってたかwww
そういえば「ダマテン」、勝手になにかしちゃうこと、と昔使ってたが本来は麻雀用語なのか…証券会社が源流の言葉だったのか…と これを読み返して思うなど…あと「ハタを振る」は未契約の数字を計上すること、だそうな…
逃げ切った世代の人達って今の時代だとどっかで失脚してそうだよなぁ笑
なんとなく予想通りだた
「所詮かんぽは四天王最弱…」とでも言いたそうな連載なんだよなぁ。:
みずから「万事おおらかな時代だった」と総括。“グレー”は書いても“黒”は書いてないらしいので、コンプライアンス的には完璧!? 《ネタ》鈴木茂晴(日本証券業協会会長)の「私の履歴書」、大和証券入社から犯罪すれすれの武勇伝に様変わり|
これのことか。
全部時効だし

証券の営業マンに、相場観などあるのだろうか?
もう営業マン無しで自らくそ株を買う客たち(主にツイッター)
ヒドすぎワロタ。上級国民なら許される?笑
広報チェックなかったんか //
やばいわ
面白いwww
銀行や保険と違って証券は変なおっさん多いと思う💧私も入社した所にパンチパーマな上司居て、え(?ω?)どゆ事???💧💧💧てなったもんwww

鈴木茂晴(日本証券業協会会長)の「私の履歴書」、大和証券入社から犯罪すれすれの武勇伝に様変わり.
昔は恐ろしいな
これまでの経営者の連載に比べて、この武勇伝にはいら立つ。
いやマジでこの世代の人達は未来の利益を先取りしただけって全く気付いてないんだろうな。
証券業界はこれだからダメ。
この年代の人は酒の席で「今じゃこんなことできないだろう?」な感じに犯歴披露してくるんだけど、よく日経の紙面に載せるもんだなーと思う。
なんじゃこれは。ええ大人が書くようなコラムか。→
株屋は自分の中ではいつの時代でも株屋だけどね。w
OBだが、もっとヤバいことしてたよ。ただ私は不法投棄とか犯罪はしなかったし、公の前で実名で無邪気に自慢話はしないけどw
誰か止めてあげなよと思いつつ、これを止められないのが風土なのよね。
これだから株屋は!
お目にかからないアカウントが多くあり、いいまとめです。
期待して読んだら海岸にバイクを不法投棄未遂した話だった。もっと、株価が垂直落下するような話を読みたい。期待
これでも日経がマイルドにしたんだろうな>
以上

記事本文: 鈴木茂晴(日本証券業協会会長)の「私の履歴書」、大和証券入社から犯罪すれすれの武勇伝に様変わり : 市況かぶ全力2階建

いま話題の記事