TOP > 2chまとめ > 大塚久美子と大塚勝久が4年ぶりに和解、茶番劇の間に大塚家具は家具屋からハコ屋(中華系ハコ企業)寸前に : 市況かぶ全力2階建

大塚久美子と大塚勝久が4年ぶりに和解、茶番劇の間に大塚家具は家具屋からハコ屋(中華系ハコ企業)寸前に : 市況かぶ全力2階建

ぶん殴っといて理解してもらえるとか、DV夫みたいな理屈きてんねw pic.twitter.com/8D7VBwNfJt— ケミ介 (@chemisuke_sikyo) 2019年3月4日真面目でガリ勉...

ツイッターのコメント(11)

まぁ、オーナー企業ならばしょうがないよね。
言われてみると、「その手のビデオの冒頭シーンに見えて」きた [おもろい]
最近、えらそうなこと言う割には単なる「勉強できるけど馬鹿な子」が増えたように思う。
特に意識高い系で知ったかぶりな人達がほんと増えた。
池袋のバーでひたすら「プロジェクションマッピングしてー!」とさわいでた自称起業家青年には笑わせてもらったわ。
ヤマダ電機に出資してもらったんだけど、和解できるんかいな?
久美子の第二の人生は、葬儀屋がいいな。
久美子「パッパすまンゴ」
勝久「ええんやで(ニッコリ」
で、軟着陸なった訳だが、これもうズタズタよね
かつて、90年代にSARDにスポンサードしてたけど、もう今それどころではないだろう事は容易に想像できるわね
親子がいがみ合うのは若いうちにしろ
大塚家具がもともとどうやっても沈みゆく船だったと考えた場合、大塚親子はこの4年間でなんだかんだ美味しい部分を切り離して自分たちの管理下に置いていると考えることもできるんだよな。 / “大塚久美子と大塚勝久が4年ぶりに和解、茶番劇の間に大塚家具は家具屋からハコ…”
市況かぶ全力2階建さんがブログを更新しました!

『大塚久美子と大塚勝久が4年ぶりに和解、茶番劇の間に大塚家具は家具屋からハコ屋(中華系ハコ企業)寸前に』
買い手があって良かったね(適当 / “ : 市況かぶ全力2階建”
落ちに吹く /
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR