TOP > 2chまとめ > 市況かぶ全力2階建 > マネーロンダリン...

マネーロンダリングに詳しい裏社会出身者に学ぶ、カルロス・ゴーンのマネロンスキーム : 市況かぶ全力2階建

56コメント 登録日時:2019-01-12 16:56 | 市況かぶ全力2階建キャッシュ

余振東(中国・国営銀行支店長 横領額約560億円)「ゴーンがやられたようだな」井川意高(大王製紙会長 106億円)「ヤツは四天王の中でも最弱…」頼昌星(中国・遠華会長 約3500億円)「たった100億前後で足がつくとは横領四天王の面汚しよ」— メーテル (@_maeter) 2018年11月20日...

Twitterのコメント(56)

流石明るいですね /
腐ってもロー卒の身から発言させてもらうと、もうちょい日本の司法はマネロンへの理解を深めたら良い。
武富士事件での升永弁護士の弁論見る範囲では確実に合法。
んで、日産は違法。
日本は実質タックスヘイブンブランドでいくか再度法改正かが見どころでもう次の展開に期待
そりゃ解説のオファー来ますわな こんなの知っていて自分の言葉や喩えで話せる人なんて限られるやろ
カルロス・ゴーンの手法について
とてもすっきりした。
真実はここに。
流石本職()分かりやすい
マネーロンダリングに詳しい裏社会出身者に学ぶカルロス・ゴーンのマネロンスキーム

>ゴーン事件は検察も弁護士もマスコミも、マネーロンダリングの手法が理解出来ていないからグダグダしてるんだよ

「第三者企業を経由して、キックバック受け取る手口」で合ってるんかな?
これだけ大々的に報道されては、真偽の如何を問わず、金持ちを十把一絡げに「悪」と見做す向きは結構居るのだろうか。
説明が非常にわかりやすい・・・→
自分も彼を擁護する気は無い。取り調べについてはややこしくなるのでおいておく。 /
これだからTwitterは面白くて仕方がない(*'▽')
猫組長が解説するカルロス・ゴーンのマネー・ロンダリング・スキーム
大げさ過ぎたので、なんだか分からなかったけど、サウジのユージーンと言うのがニュース内に出てきたお陰で、単なるマネロン案件と理解した。ただ、まぁ、マネロンで人権喪失というのもなかなかアジアンテイストだな / "マネーロンダリングに…"
なるほど /
ホリエモンのことを思えば「背景を考慮せずに"仕組み"だけで有罪/無罪が決まらない」という気はするが、それこそ「日本はマネロン天国」ならゴーン氏だけが罪に問われるんだろうか、とも思う。 / "マネーロンダリングに詳しい裏社会出身者…"
私がゴーンに依頼されても同じスキームでやったと思いますw|
たとえがわかりやすい
備忘録として。
事件の詳細を追ってなかったから、猫組長の発言も理解かおいつかなかった。 個人のデリバティブが強制ロスカットされるのを日産を保証人にする事で回避したことと、その後の論功者へのキックバックの二つでいい? / "マネーロンダリングに詳…"
「ゴーンの行為は単純で悪質なんだよ。なんでって、世界中のテロリストや犯罪者がマネロンする時の手口だもの」 /
実際にその手のことやってたプロの手口解説と犯罪性の指摘が一番正確
なるほどー。
成る程蛇の道はガラガラヘビだな /
クレジットでやられちゃうとキャッシュが動かないから経理も監査法人も気づかないな。契約書も隠されれば法務も取締役会も気づかないし、代表取締役であれば隠したまま契約できちゃう。マネロンの手口と言われる所以 / "マネーロンダリングに…"
人気ブコメ、そもそも今回の話は財務や経理の人間からの内部告発が発端なので、「何してた」は的外れでは…。 /
猫組長か。 >
猫組長かなと思ったら猫組長だった/
文章で書くと分かりにくいマネロンスキーム。
でもTwitter表現に変えると分かりやすくなる。
 ↓
ぱっと見?どう考えても違法です、ありがとうございました。感だが、こっからゴーンちゃんの挽回策はあるのか?待て!しかして絶望せよ!!!>
わかりやすい還流だね。僕もプロジェクトのカネで取引先からキックバック欲しいなっていつもぼやいてるぜ。やったらクビだけどな。 /
シルクロードの商人は、古来からこんな感じだったのであろう。
品質管理の偽装問題で頭痛いのにその企業の頭がガチ横領やっててしかもどんどん犯行マシマシで草も生えない -
真面目に勉強になった |
さすが、餅は餅屋ですね。マネロンのプロだわ。
これが事実だとするならば、ゴーンが無罪になったら日本の検察は無能としか言いようがないな。
いいね!
>
良解説w →
日本の経済リテラシーが問われとる。 みんなファイナンスや資金スキームの話になるとポカーンとするからなぁ… /
自己資金(債務)と企業資金(債務)の混同というのは、確かに中小企業の親父がよくやるパターンではある。昔、日経ビジネスオンラインで会計士の小説を連載してた時に、似たような話があったなあ。 / "マネーロンダリングに詳しい裏社会出身…"
なんでゴーン擁護の声があるのか解らん
なるほどなるほどー /
"ゴーン事件は検察も弁護士もマスコミも、マネーロンダリングの手法が理解出来ていないからグダグダしてるんだよ。" /
餅は餅屋。マネロンはマネロン屋に聞け( ・ω・ )
学びがあるw
結局、猫組長の話が分かりやすいと。
役員が会社を私物化している企業は危ない /
一見複雑な話をセブンイレブンのおにぎりで例える猫組長の抽象化力がすごい…
勉強になる。
実用する程の資本は無いけども💸
マネロンだという説明がありますが…
以上

記事本文: マネーロンダリングに詳しい裏社会出身者に学ぶ、カルロス・ゴーンのマネロンスキーム : 市況かぶ全力2階建

関連記事