「povo」でメンテナンス、「au」「povo1.0」→「povo2.0」はMNP予約番号が必要に - ケータイ Watch

ツイッターのコメント(10)

これ何回やっても最後のpdf開いた瞬間バグって設定できないんだけど何故に
約1か月もメンテナンス中なのね。
総務省からの大号令で「日本は海外に比べ携帯電話料金が高い。安くしろ。利用者が容易に事業者を選択・変更できるようにしろ」と言われて進めたらこれか。
最適なタイミングでpovo2.0にプラン変更しようと思ったら、終了時期未定のメンテナンス…。MNP予約番号いるとか訳が分からん。
povo1.0→2.0に変わろうとして、auに強制的に戻されてるし、サービス安定してなさすぎ。
povoのメンテナンス、終わる前に数多の壁を乗り越えMNP予約番号発行してau→povo2.0へ移行完了。もともとインターネット手続きのみとはいえ、高齢者とか不慣れな人には相当ハードル高い。auは戦略的にこのメンテナンス終わらせる気無しと見てる。
1円でPixel6を2年借りて、速攻povo にしようとしたら、このメンテナンス。eSIMじゃないと嫌だから一旦UQにもそっちのメンテで行けず。ぽいぽいスマホ替えるバチみたい。
実家のau携帯をPovo2.0に変えてやろうと思ったら、なぜかメンテナンス中で予約番号発行しなきゃいけないクソだるいフローになってた。ちゃんと理由説明せえやPovo
今日かららしいよ
メンテナンス期間限定で「au」「povo1.0」→「povo2.0」はMNP予約番号が必要になるということか。
同じ会社の同じブランドなのに…
以上
 
PR
PR