TOP > IT・テクノロジー > 国税庁、リモートワークの通信費や電気料金は非課税に - ケータイ Watch

国税庁、リモートワークの通信費や電気料金は非課税に - ケータイ Watch

70コメント 2021-01-18 16:16  ケータイ Watch

 国税庁は、「在宅勤務に係る費用負担等に関するFAQ(源泉所得税関係)」を15日に公開した。在宅勤務に関わる通信費や電気料金について、「実費相当額を精算する方法」であれば非課税とする取り扱いを発表した...

ツイッターのコメント(70)

通勤手当がなくなった分、在宅ワークに対して手当を支払った会社さんがあるかと思います。
活用してくれさい…電気料金補填欲しい(^ρ^
ぬぉ?
コレ、継続されるのか?
一人暮らしならなぁ
めんどくさ。

企業が従業員に「在宅手当として1カ月に5000円定額を支給する」など、“業務に必要な費用として使用しなくても返還義務がない手当”として支給した場合は、従業員の給与として課税する必要がある。
源泉課税版。
経費化版もあるのかな?
中途半端に手当てが経費を賄えないパターンがややこしい。探してみよう。/
計算も面倒だけど、これの領収書出すのがさらに面倒
効果薄そうな
人力で計算するのはキツそうなので、こういうのをいい感じに解決してくれる経理系のサービスが有ったらいいのにな。
これ、テレワーク民は影響あるはずなんだけど、イマイチ内容が頭に入らない。
税理士さんが説明してくれないかなー、とか淡く期待している。
「一定額支給された在宅勤務手当は課税所得」な点に注意が必要です。
"ただし、企業が従業員に「在宅手当として1カ月に5000円定額を支給する」など、“業務に必要な費用として使用しなくても返還義務がない手当”として支給した場合は、従業員の給与として課税する必要がある。"
最大でも半額なんだな。
フリーみたいに按分できるのはいいけど…申告いかなきゃなのかしら?
課税対象になるんなら会社から支給されないほうがいいの?どっちもどっちだなあ
え。。。在宅手当を貰うと課税になる。。。/
テレワーク&確定申告する人に朗報!コレはナンチャッテインド人も踊らにゃ損損🎶(ง ˙ω˙)ว🎶
おっ。これはやらねば。>
非課税にするつもりが全くなさそうですごい。恒久的にやるぞって話ならまぁ面倒だけどワークフロー用意するかってなるかもしれんけども。。どういうケースを想定しているんだ。

//
はえー。
微々たるもんだろうけど嬉しい。
これ、在宅勤務にかかった費用(実費)が会社から支給された場合に、その金額が非課税扱いになるかどうかの話。

会社で給与計算している人が読む内容であって、一般のサラリーマンが確定申告で控除を申請できる話ではない。残念……
これはいいけど、どうやって細かい金額計算するんや…
またクソめんどくさい爆弾投げ込んできたな……やめちくり……
使っていかないと
計算ややこしい・・・( °꒫° )

----------------------
計算は多少面倒かもですが在宅勤務の多い人や手当を出していない会社では朗報なのかも👀
まだ詳しく読んでないけど。
これは、確定申告したらいいのかな?
光熱費、ちゃんとまとめなきゃなー。
個人で計算して確定申告するのかな?
在宅勤務に関わる…パソコンなどの事務用品などを支給した場合や、通信費、電気料金、レンタルオフィスなどの費用について、「実際に業務に使用した金額(実費相当額)を精算する方法であれば、課税する必要はない」
へー、でもいちいちこんなことしてたら、財源なくなっちゃわないのかしら。もう知ったこっちゃないんかな。
これ、プロバイダの方から回線2本セットとか、VPNのパケット数数えるプランとか出てこないのかな。
そうか、在宅勤務禁止されてるNEPALには何の関係も無いがな!
これでどれぐらい還付されるかなー。
在宅の電気代は結構なものだったから費用分をなんとかして欲しい >
みてる :
リモートワークは一番デカい部屋でやるのが非課税金額が増えてお得ということか。
後でしっかりと読むっ!!
こういうのもFPは計算できなきゃいけないのかな
難解な解釈で変な金額を支払うより、固定金額で済ませた方が、多くの人が楽なのに、、わざわざキツイ方法を要求するのが、いかにもお役所らしい、、、
「実際に業務に使用した金額を実費精算する方法であれば、課税する必要はない」

根拠が乏しい自己申告やその企業の従業員が「実際に業務に使用した金額」を負担する気がない場合はダメそうですね。
在宅勤務は昔からあります
不公平感半端無い

国税庁、
リモートワークの
通信費や電気料金は非課税に
-
うーん、会社からの一括だと課税なのか /
リモートワークに使用した部屋の床面積とかで計算しないといけないのか…面倒すぎるな
今在宅勤務だし電気代非課税に出来ると思ったけど煩雑すぎる
もうちょい融通きかないかな〜
9ヶ月遅かったと思う。
所得税、ピンとこないんだよなー。
フルリモートの場合のインターネット費は半額計上可能、電気代は床面積に応じて按分が妥当なのか。国が計算式出してくれるのはありがたい。
>ただし、企業が従業員に「在宅手当として1カ月に5000円定額を支給する」など、“業務に必要な費用として使用しなくても返還義務がない手当”として支給した場合は、従業員の給与として課税する必要がある。
お?
ちょっと後で調べるか…
実際のオペレーションを考えるとなかなか初期の準備は難しそうですが、リモートワークを踏まえた制度が整備されるのは嬉しいですね。 🙌🏻
リモートワークの通信費や電気料金は非課税になるらしい。
正直面倒なので、従来通り課税申告しようと思います
床面積のサイズとかはブライペート情報でないか?図面の提示とか求められても出ないゾ
なんか気になること言ってる
---
在宅勤務の場合って通信費だけじゃなくて光熱費とか家賃も経費計上出来ないのかなあ
リモート増やしたいなら税金で釣ればいいのに。リモートの悪い点は光熱費等のお金がかかる。ランチ代が安く済む以上の出費。
見てる:
こういうやってない人間は得しないみたいな法案辞めようや。
国税庁、リモートワークの通信費や電気料金を勤務日数分だけ非課税に 電車の定期代は全額非課税なんだから、光回線代も全額非課税になって然るべきじゃないの?どちらも月額定額制で、公私両用する前提、労働者が立替払いで調達し、給与と一緒に精算する。何が違うというのか
へー今までにはない対応スピード。早かったね
計算複雑過ぎないかこれ。
計算式から、在宅勤務時の通信費・光熱費は50%が上限。
課税したらむしろ爆発するわ <
どうやって判別するの?まさか自己申告!?>
クソ面倒なことやってるんだなw →
社員に費用計算させて、社内で精査する工数が圧倒的に非課税額を上回りそう
面倒な計算式よりも従業員手当を非課税にしろよ。
ほんとケチくさくて非効率な国だな。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR