TOP > IT・テクノロジー > ケータイ Watch > ソフトバンク大規...

ソフトバンク大規模通信障害、エリクソンが「技術的なミス」と一部原因を解説 - ケータイ Watch

34コメント 登録日時:2018-12-10 16:47 | ケータイ Watchキャッシュ

 ソフトバンクが12月6日午後に発生させた大規模な通信障害について、機器を納入していたエリクソンが技術的な原因の一部を解説した。...

Twitterのコメント(34)

キャリアがソフトバンクの方ドンマイです・・・
纏めて買ったほうが値引き交渉に有利だし、そのおかげで多少ともソフバンユーザーは安く使えてるんだけどね。

とはいえやるべき事を見誤ったソフバンはこの後どうなるんだろうか?
やはり証明書だけではなかった>
最終的な答え合わせ。
@2phantomzone @pooh_nana9 今回のは、不具合を起こしたEricsson社装置で使っているソフトのライセンス関係のデジタル証明書の期限切れ、というもっとお粗末な事だったようです(笑)
なんだ、公開されてんじゃん
凡ミスも言い方だなwww
総務省が値下げしろ言うからベンダロックインが進むんだぞっ
何だか懐かしい文字が見える…。
なるほどなぁー
ソフトバンクの大規模障害がエリクソンのSGSN–MMEのデジタル証明書期限切れにより正しく動作しなくなったということは理解できたが、このデジタル証明書がSGSN–MMEの役割を踏まえ、どんな役割をしているのかについて回答をしてほしかったところだなぁ。
技術と言うほど高尚な事でもないミス >
ソフトバンク大規模通信障害、マーカスエリクソンが「技術的なミス」と一部原因を解説
みてる:
全てはエリクソンのせい
先週のソフトバンクの障害ですが、原因が説明されたそうで記事なっていました。
携帯電話のシステムがどうなっているのかについての理解も深まると思います。
証明書の期限切れかあ…。。 / “ Watch”
Ericssonはauもだと思ったけど機種違うのかね
"具体的に問題となったのは、「MME(Mobility Management Entity)」に搭載される、ライセンス関係のデジタル証明書の期限切れだという。12月6日に期限が切れたことで…"
キャリアによってはマルチベンダー体制にし、地域でベンダーを分けて構築している。ソフトバンクの場合は、地域分割がなくエリクソンのみが機器を納入していた。
まあそうだよな・・・ > MMEはバーチャルMMEであったとしているが、バーチャルであることと今回の問題は関連が低い / Watch:
「キャリアによってはマルチベンダー体制を採ることはありその場合は地域でベンダーを分けて構築することが一般的としている。
ソフトバンクの場合はエリクソンのみが機器を納入」
ライセンス関係のデジタル証明書の期限切れ
『ソフトバンクの場合は、全国を対象にしたネットワークに、エリクソンのみが機器を納入しているとのことだった。』 ///
そうだとしてもSBが障害の原因公表時に具体的にベンダー名を挙げたのはよろしくないな。
“12月6日に期限が切れたことで、MME自体が正しく動作しなくなり、致命的な問題を引き起こす結果になった。 エリクソンは、ほかの機器では同様の” "問題は起こってないとし、「エリクソンの技術的なミス」としている” / “ソフトバ…”
証明書期限切れ
ただ証明書更新してなかっただけなんか。
目新しい内容はないな。 -
バーチャルMMEのデジタル証明書期限切れ/
>具体的に問題となったのは、MME(Mobility Management Entity)に搭載されるライセンス関係のデジタル証明書の期限切れ。MMEはバーチャルMMEであったとしているが、バーチャルである事と関連が低い
MMEについての説明がおかしい気がする。が、ほとんどの人にとってはどうでもいいことなんだろうな。 -
@ktai_watch

エリクソンは、ほかの機器では同様の(証明書期限切れの)問題は起こってないとし、「エリクソンの技術的なミス」としている。
以上

記事本文: ソフトバンク大規模通信障害、エリクソンが「技術的なミス」と一部原因を解説 - ケータイ Watch

関連記事