TOP > IT・テクノロジー > [「d払い」機能追加から見える「新時代のドコモ」の姿に迫る] 前田義晃プラットフォームビジネス推進部長が語るポイント戦略 - ケータイ Watch

[「d払い」機能追加から見える「新時代のドコモ」の姿に迫る] 前田義晃プラットフォームビジネス推進部長が語るポイント戦略 - ケータイ Watch

12コメント 登録日時:2019-06-06 11:39 | ケータイ Watchキャッシュ

 2019年夏モデルの発表にあわせ、NTTドコモのコード決済アプリ「d払い」に、2019年6月末より、ミニアプリ、ポイント送付などの新機能が盛り込まれることになった。...

Twitterのコメント(12)

-
d払いも口座からチャージを進めていくんだろうな…じゃなきゃ手数料1.8%とか無理そう
Tポイントis未来ある?
ソフトバンクさんは、Tポイントと連携していましたが、PayPayをスタートして、いわばTポイントと手切れ… 共通ポイントのような役割を担わせ加盟店を増やしていくことで、当社や楽天さんのような構造に…
「新時代のドコモ」の姿に迫る ポイント戦略
《共通ポイントの中には、会員登録する際、正確な情報でなくともポイントカードを作成できる場合がある。ドコモ回線のユーザーさんがdポイント会員になるということは回線契約が土台になっており、正確性が高い》
濃い。ポイント経済圏と決済とデータ。/
俺みたいなのはレア(ユーザ)なんやな(´・ω・`)
ミニアプリ、iモードっぽいなと思ってたら中の人からもそんなようなコメントが “つまり加盟店さんと一緒に便利さを作っていかなきゃいけない。かつてiモードへコンテンツ事業者さんが参画いただいたのと同じような考え方かなと思います。”
個人的にはMNOには覇権取ってほしくないんだよなぁ。
スマホのキャリア契約ありきになりそうで。
長文なので、後でゆっくり読みます。
「d払い」機能追加から見える「新時代のドコモ」の姿に迫る(Impress Watch)
ふむ。面白い。
「d払い」っていうネーミングと、指紋認証ONにしておいても使おうとするとログアウトされてて結局暗証番号を入力しないといけないのをどうにかしてくれ。。
もっともっと予算つけて!
テンセントWeChatの電子マネー+ミニアプリモデルをドコモが取り込み。今後はドコモ、楽天、SB(ペイペイ)に集約か?
以上

記事本文: [「d払い」機能追加から見える「新時代のドコモ」の姿に迫る] 前田義晃プラットフォームビジネス推進部長が語るポイント戦略 - ケータイ Watch

関連記事