米企業、中国半導体に積極投資 安全保障上の懸念よそに - WSJ

 米企業が中国半導体業界への投資を拡大している。同分野の覇権争いで中国政府を後押しする形となり、米政府の取り組みを損ないかねない動きといえる。

ツイッターのコメント(6)

バイデンの無能さがよく表れている
安保上の懸念よそに
「2017年から20年にかけ米国VCや半導体大手、個人投資家などが中国半導体業界を対象とする投資案件58件に参加。それまでの4年間に比べ2倍以上増」「米安全保障当局者や専門家は米からの投資が後押しと指摘」・・水面下で連携
民間レベルのビジネスシーンではチャイナを外す選択は難しい。先端技術、機微技術については各国の法体系で監視が必要か

安全保障上の懸念よそに
アメリカ企業が、中国の半導体企業に積極投資。ウォール街と中国のつながりは簡単には切れない。
投資額の記載がありませんが、件数から想像しもすごそうですね。
以上
 
PR
PR