TOP > 国際 > ミャンマー経済崩壊、工場も銀行も人影なく - WSJ

ミャンマー経済崩壊、工場も銀行も人影なく - WSJ

 過去10年の進歩が逆回転し、GDPは2桁マイナス成長が予想され、貧困層は1年で180万人増える見通しだ。

ツイッターのコメント(15)

ミャンマーチャットも対円にて去年10月時点と比較して20%安、追って物価上昇でインフレ率も急上昇。絵に描いたような負の連鎖。
止まらないとジンバブエのような国の金がゴミになる事態に。そうなるともう。。。
ミャンマー軍がクーデターで全権を掌握し抗議行動の抑圧に乗り出してから2カ月余り。同国経済は崩壊状態にある。こうした激変はミャンマーが取り組んできた貧困削減の大きな進歩を帳消しにし、この10年間に国内経済の底上げに貢献した外国企業や観光客を脅かし、遠ざけている
社会や経済を崩壊させてまでの軍の目的はなんだろう? と一瞬思いかけたが、軍の制圧に抵抗し続けたり、避難する市民の姿も見えてくる。どうなっていくだろう。そして何ができるだろう。
・一日3.2ドル水準が600万人、栄養失調により1/4の子供は発育の遅れ
・近年の経済成長で貧困率は42.2%(10年)から24.8%(17)へ改善指摘きた
・クーデタの混乱により、今年のGDP成長率は▲20%予想(クーデタ前は+2%予想)、貧困人口が一年で180万人増える想定
ミャンマーの2010年代の経済成長の成果がまさに失われてようとしています。今は、経済よりも治安の安定化をただただ祈るばかりです。いつも、大きな被害を受けるのは何の罪もない人たち。こんなのおかしい。
ミャンマー国軍が暴走するほど破滅が近くなる。困れば国軍は中国共産党に援助求めるのか?だとしたら余計世界は黙ってられないな。
現地に進出している日本企業をずっと心配している
企業活動並みならず、日本人の安全確保の問題等
世界のあちこちて逆回転が起こり始めた中、経済だけがこれまで通り成長を続けられるのでしょうか?
"1日当たり3.20ドル以下で生活する人々の数は2021年に30%増加する見通し"
為替レートの急激な低下、政情不安定に伴う物品流通停止か原因での急激なインフレ率の上昇の中で、人民を暴力で働かせようとしてもいみがないだろう。この軍の愚かさがミャンマーの国家としての最期を意味するのかもしれない。
アルゼンチンより酷い結果についてなるだろう。
ヒント、地雷を踏んだら
2桁マイナス成長予想、貧困層は1年で180万人増加へ
なんとも…
日本旧陸軍と同じ発想で、経済無視‼️周りの国は、難民キャンプの用意を❗国連が中心と成り難民キャンプを確り支え軍の孤立化をだ‼️
国民を蔑ろにする軍人が蔓延れば国は傾き滅びもする。
> 2桁マイナス成長予想、貧困層は1年で180万人増加へ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR