新疆強制労働巡る米禁輸、ユニクロ巻き込み混乱拡大 - WSJ

 強制労働で生産された製品を巡り、米税関・国境警備局での禁輸措置が急増し、差し止められた貨物を巡る対立や、遅延や透明性の欠如に対する輸入業者からの苦情が発生している。

ツイッターのコメント(11)

名指しされた柳井はさはさりながらその他企業もChinaとビジネスするのが危険であることを目覚めよ。
中国排除、がいつのまにかグローバルスタンダードに
“税関のデータによると、米政府は中国の新疆ウイグル自治区で生産される綿花やトマト製品など複数の品目について輸入禁止令を出し、その実施が加速している。”
さあ、ユニクロの訴えは米国当局に認められるでしょうか
中華マネーを稼ぐことによるカントリーリスクは散々右寄りの人間は警告していたはずで、知らんがなとしか
この動きに巻き込まれたのは、小売り大手ユニクロをはじめとするアパレル企業や綿花製品の輸入業者だ。ユニクロは今年に入り、男性用シャツの出荷を差し止められた。各社は複雑に絡み合ったサプライチェーン(供給網)に強制労働が入り込んでいないことを証明しな
ジェノサイドに加担している企業は潰していいよ。
ユニクロが、アメリカによる新疆ウイグル自治区からの綿花などへの禁輸措置で混乱必至。値上げの夏?
これを読む限り、取り締まる側に問題が多そう。教条主義的で、ファクトで議論できない。/
新疆強制労働巡る禁輸、ユニクロ巻き込み混乱拡大 (WSJ)
以上
 
PR
PR