TOP > 国際 > 子育て世帯にベーシックインカム、米で実現するか - WSJ

子育て世帯にベーシックインカム、米で実現するか - WSJ

 米国では最低所得保障と似た考え方でより低コストかつ現実的な措置が視界に入りつつある。

ツイッターのコメント(12)

記事中ではベーシックインカムと切り分けて書いてあるのになんなんだこの見出しは / - WSJ
すでに日本の出生率は底打ちしているが、夫婦の絶対数が減少している以上、消費下支えの観点からも、子育て世帯に対する何らかのインセンティブ設計は大胆に行ってみる価値はある。30兆円を超える社会保障費のうち、少しでも前向きな使いみちに振り向けられないものだろうか。
起業家や知識人、大統領候補らは近年、「ユニバーサル・ベーシックインカム(UBI、最低所得保障)」の導入を提唱している。これは貧困や仕事の自動化・単調化に対処するため、無条件で全国民に現金を給付する制度だ。米国ではこれまで、実現に向かうことはなかった。
バイデン氏とロムニー氏の税控除案なら、貧困層の子どもを全米で300万人減らす効果から始めます。
子育て世代に焦点を合わせて、民主党大統領のみならず、共和党議員からも提案をしている。
バイデン氏の案だと、子ども2人を持つ標準的な世帯は6000ドルから7200ドルの控除を受けることになる。ロムニー氏の案だと、6000ドルから8400ドルだ。

実現すればモデルとして、日本でも参考とする流れができると思います☺️
少子化&貧困層対策と財政のバランスを考えるとけっこういいアイデアかも
②一方、米国バイデン政権

速報
子供ベーシックインカム導入
少子化対策では有りませんが、
子供家庭貧困対策。

正直、現国民民主の逃げの姿勢は酷すぎます。ご存知、内容はさておき維新は本気です。
国民民主はしがらみが強い。
バイデン氏とロムニー氏の税控除案なら、貧困層の子どもを全米で300万人減らす効果   トップが替わるとほんと方針も変わる…
「ジョー・バイデン大統領と、ロムニー上院議員はともに、子どもを持つ家庭を対象とした税控除について、大幅に増額するとともに多くの条件をなくすことを提案している。これは事実上、子どもを対象としたUBIに近い措置となる。」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR