TOP > 国際 > ビットコイン破竹の勢い、参入検討まだ遅くない - WSJ

ビットコイン破竹の勢い、参入検討まだ遅くない - WSJ

 デジタル通貨に対して、メインストリームからの関心が高まっている。米国最古の銀行でさえ、無視することができなくなった。

ツイッターのコメント(10)

狙い、時期ともに外れるか🤔

私は現状、下手くそサラリーマン投資家
今日はフェイクニュース多いなぁ、天下のWSJまで😁
◆ウォール・ストリート・ジャーナル:ビットコイン破竹の勢い、参入検討まだ遅くない◆
銀行・金融関連の投資家の中には、ビットコインの高騰に懐疑的な向きもいるかもしれないが、暗号資産から目をそらすべきではない。
暗号資産の不可知論者であっても、ビットコインなどデジタル資産のエコシステムに関心を向けることを考え始めるべき時かもしれない。必ずしもそうした資産自体の価値のためではなく、そうした資産によって起こり得る金融・銀行業の進化を見極めるためだ。
ビットコインは限りがあるし金に近いという発想は理解してるつもりですが、ビットコインはアルトコインで代替可能なので代替不可能な金とは違ってどこかで頭打ちになるのかと個人的に思ってます🤔

- WSJ
これから沢山の憶測やら噂が飛び交うんだろうな
本質的にはストーリーに対する値付けを行うババ抜きのようなゲームであり、センチメントと需給に依存するアセットクラスだ。(本当にアセットか?値上がりする限りにおいて価値があるとみなされる"アセット"なのだろう)実質金利がマイナスでなくなった場合にどうなるか?
コロナ禍が暗号通貨の道(未知)を拓くか?
みんなやろうぜ👍✨
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR