TOP > 国際 > ニューヨークの医療崩壊、看護師の悲痛な証言 - WSJ

ニューヨークの医療崩壊、看護師の悲痛な証言 - WSJ

看護師のノースタインさんはここ数週間、遺体を収容する冷凍トラックが病院の裏口で待っているのを目にしてきた。多くの看護師が、自らの感染に気づかないうちに愛する人たちにうつすことを恐れている。

ツイッターのコメント(12)

「これはハンガーゲームのようなものだ」

嘘をついた広報、
次は看護師が死ぬかも。
底をつく医療器具や薬。
ニューヨークがまるで戦場のよう。
恐ろしい。

- WSJ
一回読んだ方がいい記事

これは少し後に
僕らの住む街に
起きるかもしれない
@17l98i7GmjrAp1i これは有料記事ですが,ここにも具体的に「どちらの患者を優先するか」の板挟みで苦しんでいる,ということが書かれていました。ここまで行く前に手立てを打てるか,あるいはここまで事態が悪化しないことを祈るばかりです。
この先NYみたいになってしまったらすぐに看護師辞めて
山で農家&トレード生活しかないな、、
家族にうつして誰か死んだら
きっと後悔するからね
看護師ノースタインは患者の臨終には慣れている。彼女がおびえているのは、新型ウイルスの感染スピードや患者の全身機能が損なわれること、さらにはその場その場で対処するしかない現状だ。「まさにSF映画だ.秒単位でどうにか切り抜けている。これほど恐ろしいことはない」
日本も他人ごとではない。
本当に。
「遺体を収容する冷凍トラックが病院の裏口で待っている」「重症に陥った患者の驚くほど多くが20歳から50歳の比較的若い世代」「人工呼吸器の供給が減る中、どの患者を選ぶか医者同士で話し合っている」・・報道の自由は二面ある
他人事とは思えない、、ただ圧倒的に自分が無力で家に引きこもって自分の仕事することしかできない。
“ノースタインさんや他の看護師はここ数週間、遺体を収容する冷凍トラックが病院の裏口で待っているのを目にしてきた。緊急治療室(ER)のシフトに入るたび、4、5人の患者の死に立ち会うことになった。”
医療現場で毎日奮闘している方々はほんとすごい!

家族に仕事を辞めてくれと言われてもこれが私の仕事だと言い、戦場に行く、この使命感に敬礼。
ニューヨークの病院崩壊、看護師の悲痛な証言 - WSJ🚀
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR