TOP > 国際 > 米司法省と州当局、反トラスト法違反でグーグル提訴か - WSJ

米司法省と州当局、反トラスト法違反でグーグル提訴か - WSJ

米司法省と複数州の司法長官は反トラスト法(独占禁止法)違反の疑いでアルファベット傘下のグーグルを提訴する可能性が高く、訴訟の準備が相当進んでいる。関係者が明らかにした。

ツイッターのコメント(12)

国家は伝統的な徴税権、通貨発行権に加え現代では情報収集の権利も一手に握りたいと考えている。FAANGはいずれ国家へ情報を提供する様になると見ている。こうした動きはその第一歩だろう。
「司法省は早ければ今夏にも訴訟」
「テキサス州......を中心とする複数の司法長官も、恐らく秋には提訴する公算が大」
@goremusn F外から失礼いたします。
既にご存じかと思いますが、もし宜しければご参考までに。
週明けの波乱要因になるかもしれないので注意します。
これYouTube影響出ないのかな、、、、。
日本だと、日本の行政がトヨタを訴えるとか絶対になさそうやなぁと、つくづく思うのです。
グーグルやっちゃった?
反トラスト法→独占禁止法→ - WSJ
キタ─────(゚∀゚)──────!!!!

米司法省と州当局、独禁法違反でグーグル提訴か
米司法省と州当局、独禁法違反でグーグル提訴か
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR