TOP > 国際 > 中国で夢破れた米国の起業家たち - WSJ

中国で夢破れた米国の起業家たち - WSJ

活気に満ちた新たな市場を求めて中国に進出した米国の起業家たち。だが、中国が外国人起業家にとって一番いい時期は過去のものとなった。...

ツイッターのコメント(16)

真正バカ
似たようなのは旧日本軍も経験しています。おめでとう。中国に進出したアメリカ起業家はついに旧日本軍と同じ立場になりました。
「帝国の覇権」が、米国から中国資本へ移行する過渡期だと認識すれば、失敗しないために乗り換える必要がある。
「ここに未来はない」と帰国、コスト・税制・政治に翻弄
」-習氏は「グレート・ファイアウォール」と呼ばれるインターネット規制を強化した。国内の大手テクノロジー企業は勢いを増す一方で、法律によって外国企業は排除されるか技術の共同利用を強要された。
なんか気になる記事
(゜゜)堀さんがよく中国の記者とのやり取りを披露するけど。。。
やっぱ、情報操作はあるよなぁ 。。と。。。
おおむねこんなもんだと思う "中国は最終的に外国人をどうしたいのか、はっきりしなくなった" |
日本の産業競争力の維持向上の話をしていると、米中印の話題しか出てこない。欧州は完全に忘れ去られてる。豪?北欧?存在しないのと同じ。
全く同感だ
>「ここに未来はない」

バブルみたいなものだったのかなあ。。。

中国人キリスト教徒は、蒋介石と同じように信仰の繋がりと自己憐憫を駆使して今後も無垢で楽観的な米国人をだまし続ける。持続可能型ビジネス。
「(中国との)一層の対立を支持する人たちの中に,中国を最もよく知り,中国で働き,商売をして金を稼ぎ,中国との生産的な関係を訴えていた人々が含まれているとはどういうことなのか」シンガポールで先月開催された会議で,元米財務長官のヘンリーポールソン氏はこう問いかけた。
「ここに未来はない」と帰国、コスト・税制・政治に翻弄
以上

記事本文: 中国で夢破れた米国の起業家たち - WSJ

いま話題の記事