TOP > 国際 > ヒト受精卵に世界初の遺伝子操作-中国チーム、国際的な物議 - WSJ

ヒト受精卵に世界初の遺伝子操作-中国チーム、国際的な物議 - WSJ

中国の科学者チームは、ヒトの受精卵を使って、ゲノムを編集する遺伝子操作実験を行ったと報告した。遺伝子が恒久的に受け継がれ得る方法で行ったもので、国際的に大半の遺伝子研究者や倫理学者から強く反対されている方法だ。...

Twitterのコメント(23)

遺伝子操作のような、危険な神経同期を、五感送受信技術を利用して人体実験していると、推理する。

- WSJ
やはりデザイナーズベビーとかやらかしてくれそうな国って中国が大本命
中国が医療大国になるって予想はどうやら当たってたな(´・∀・`)
人権保障を気にしない国家は倫理とかを超えていくからこの点では強いなぁ。。そのうち中国に遺伝子を治しに行ったりする日が来るのかしら。
こういうことが出来てしまう辺りは、中国の最大の強みだよなぁ……たくさんの犠牲も生むのだろうけれども、中国の一人勝ち時代が来るのかもしれぬ……僕は日本なので、つらい。
とはいえ先天性の障害を無くせるならそれに越した事はないと思うんだけどな
中国…皇帝…不老不死研究…う、頭が…
@fi_fi_chilu 技術の進化によっては、新人類を作り出しそう
WSJだと5ヶ月も前に記事になってたのか。
そうだね、遺伝子操作とか関係なく、生む前に生まれてくる人にインフォームドコンセントとらないといけないね。>誕生した赤ん坊が自分の遺伝子構成をコンセント(同意)なしで変更されていることへの懸念
さすがわ彼の国だねぇ。
今の段階で手を出す(んでもってわざわざ発表する)なんて。
中国の科学者チームは、ヒトの受精卵を使って、ゲノムを編集する遺伝子操作実験を行ったと報告した。…国際的に大半の遺伝子研究者や倫理学者から強く反対されている方法だ。

優勢思想へ
「CRISPR-Cas9」遺伝子を除去したり細胞核の中にあるDNAに遺伝子を加えたりさせDNAを恒久的に変化させる操作で将来の世代にまで引き継がれる潜在性がある
結果副作用有
ヒト受精卵に世界初の遺伝子操作 思わず手を上げた
中国がついにヒト受精卵の遺伝子操作に手を染めたらしいのでガンガンやって欲しい。今取りあえず第一線の研究者がアメリカに渡るくらいの感じで、取りあえず医学研究者が倫理規定を躱すために中国に渡るくらいの時代が来るべきだと思う。
これは単純に興味ある。どんな風になるのか。
これはちょっとねYASHA思い出すね>
以上

記事本文: ヒト受精卵に世界初の遺伝子操作-中国チーム、国際的な物議 - WSJ

関連記事