TOP > 国際 > アント上場中止の裏側、株主に習氏の政敵 - WSJ

アント上場中止の裏側、株主に習氏の政敵 - WSJ

 中国の習近平国家主席がアント・グループのIPOを中止に追い込んだ背景には、もう一つの重要な理由があった。

ツイッターのコメント(11)

先日のWSJの記事は、ウォール街と繋がりが深い上海閥を突如突き放すような論調ででした。
記事全文を讀む價値はある。
ウォールストリートジャーナルの記事
☝?
『アント上場中止の裏側、株主に習氏の政敵』
江沢民の孫や対抗派閥の有力者によるアント株保有を警戒
*華為、上海銀行などの株を多く持つ江志成。
やはり中国は政治と経済はどうしても切り離せないようです。
江沢民の孫がアント・グループの投資に関わり、上場を阻止。すごい話。。

- WSJ -
ダメダメダメだコリャ中国企業‼️

幾重もの不透明な投資構造を通して同社の株を所有していたのは、人脈豊かな中国の有力者たちで、中には習氏やその派閥の対抗勢力となり得る政治家一族とつながりを持つ者もいた。
...
「ジャック・マー氏の失言が関係者の怒りをかった」というレベルの話ではなく、もっと深い利害関係にヤバいところがあったようですね。
この記事必見です!
ジャック・マーら「赤い資本家」の投資構造がよくわかります。
すっごい骨太の報道。実名もバンバン出ています。
WSJ、この分野での取材力は尊敬するほかない
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR