新型コロナへの免疫反応、過去の風邪で活性化も - WSJ

ツイッターのコメント(23)

続々と新型コロナと免疫の話が出てくるけど、風邪の免疫で新型コロナに対抗できたってことはつまり新型コロナは風邪だっていうことではないの?それは飛躍しすぎ?🤔
と言う事は、新型コロナの抗体は長持ちしない。風邪やインフルエンザに罹る人は毎年罹る
「一部の人は新型コロナに1度も接触していなくてもこれを回避する免疫システムを作動させることが可能」
交叉免疫だね。
検証が難しい中で、
現状はっきりしてるのはBCG説だけか。
阪大の宮坂論文参照。
先日の宮沢、山中両氏による「仮説」が最も真実に近いかな。
過去に他のコロナウイルスにさらされた経験があれば、新型コロナを攻撃する上でも一助になる

> 新型ウイルスに全く接触していないにもかかわらず、免疫の反応性を持っていることが一貫した調査結果として得られている
新型コロナウイルスに対する体内の免疫反応に関する研究で、極めて興味深い効果が注目されている。一部の人は、新型コロナに1度も接触していなくても、これを回避する免疫システムを作動させることが可能だとみられることが分
その年に何が流行るかなんてわからないけれど、全部風邪だよ、側から見れば…
これは良いニュースかも
あとは重症化するしないの分岐点

『一般的な風邪など別のコロナウイルスに感染することで、新型ウイルスに対する免疫反応を活性化させる可能性があることが分かってきた』
新型コロナも風邪なんじゃね?と思ってしまう。風邪でも人は死ぬのだし。人類は新型コロナをリスペクトしすぎでは。
鍵記事が何故か読めた💦(12:34)

「過去に他のコロナウイルスにさらされた経験があれば、新型コロナを攻撃する上でも一助になる」との理論がここにきて浮上している。

新型コロナへの免疫反応、過去の風邪で活性化も - WSJ(2020/6/16 11:15JST更新)
風邪を引いたらコロナへの免疫が活性化する、という研究
まだサンプルが少ないが、効果は確認されている
コロナが怖いなら風邪にかかろう(意味不明)
いつまでも「分からない病気」では無くなってきましたが、知れば知るほど分からなくなる…哲学的というか神秘的ですね。
@maitakeseizinn @livedoornews 冬が近づくのが怖いですね。

かつて他のコロナに感染して獲得した免疫が、新型コロナにも効力を発揮するという“交差免疫”に期待しているのですが…
それがアジア在住者に多いなら、欧米ほどにはならないかもしれません。
ウォール・ストリート・ジャーナル
世界中の研究機関で似たような実証実験結果が出ているので、やはり新型コロナの免疫交叉反応は存在すると考えてよいだろう。特にアジア地域に住む人々の遺伝子情報は、SARS-xの存在可能性も含め、徹底的に追うべきだ。
〝重症急性呼吸器症候群(SARS)や一般的な風邪など、別のコロナウイルスに感染することで、新型ウイルスに対する免疫反応を活性化させる可能性があることを示唆している〟
(査読)論文執筆者のひとりセッテ教授「一部の人は、新型ウイルスに全く接触していないにもかかわらず、免疫の反応性を持っていることが一貫した調査結果として得られている」。「これは仮説であり、われわれはこれを裏付けるための確かな証拠を得るために全力を挙げている」
普通の「風邪」の定義もあやふやなのに、それで の免疫が出来るってかなりあやしい。たいだい普通の風邪ひく人は何度だってかかるに、一体何の免疫が出来るっていうんだ!
新型コロナの免疫を普通の風邪で獲得する可能性があるらしい
ふむ。
滅多なこと言うと叩かれるかもしれないが…過剰に怖がるものじゃないと思う。
納得する人はマスクをし、消毒ちゃんとして、人前で所構わずゴホゴホやったりしない。…で普通に生活していいと思う。。。
•一部の人は、新型コロナに1度も接触していなくても、これを回避する免疫システムを作動させることが可能だとみられることが分かってきた。
.⁦@daitojimari
以上
 
PR
PR