TOP > 国際 > ギグエコノミー過大評価、いかにして歪められたか - WSJ

ギグエコノミー過大評価、いかにして歪められたか - WSJ

インターネットで単発の仕事を受発注する「ギグエコノミー」。この新たな経済形態を巡り専門家2人が現在、その影響をかなり過大評価していたと認めている。...

ツイッターのコメント(12)

ギグエコノミーってのはUberやらの個人でWeb経由で請け負い仕事やる人たちだけど、多少市場は広がるけど圧倒的にはならんよなぁとは常々思ってたし、実際そうだったという話。たぶん、AIも同じ感じになるよ。
アメリカにおいてギグエコノミーがどのような形で収束しているか、についての論説記事。

ギグエコノミー過大評価、いかにして歪められたか建設的に述べられている。
「ギグエコノミーは米労働市場にほとんど変化をもたらさなかった」 >
“米労働省は昨夏公表した詳細な調査でようやくこの問題を扱ったが、ギグエコノミーは米労働市場にほとんど変化をもたらさなかったという結論に至った。”
ふむふむ。面白い反省的再評価。
USはフリーランスが3割占めていると言う話だった思うが、不況や計測方法に不備あり、実は違ったと言う話。まーでも、ベルリンの壁のように噂が現実になる可能性もあるので、意外に日本で進行してたりw
-一方でこういう記事も
労使関係を巡る恒久的な変化の前兆というより、人々が生活費を工面するために手にした臨時の仕事だった。平常な経済に回復するにつれ、人々もなじみのある労働形態へと戻って行った。

ギグ・エコノミー過大評価、いかにして歪められたか
「ギグエコノミー」とはインターネットで単発の仕事を受発注する新たな経済形態
「インターネットで単発の仕事を受発注する「ギグエコノミー」。この新たな経済形態を巡り、専門家2人が現在、その影響をかなり過大評価していたと認めている」
【参考記事/有料】
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR