TOP > 国際 > 縮む米国人の平均寿命、薬物依存も一因 - WSJ

縮む米国人の平均寿命、薬物依存も一因 - WSJ

米疾病対策センター(CDC)が29日発表したデータによると、昨年の平均寿命は78.6年で、前年より約1.2カ月短くなった。...

ツイッターのコメント(10)

@WSJJapan "2017年のデータは、米国内で若年・中年層を中心に薬物依存や絶望感が広がり、高齢者や医療を利用しにくい人々が病気で苦しんでいる様子を浮き彫りにするもの"
> 米国の平均寿命は14年以降で約3.6年短くなった。先進国では寿命の短縮は異例。
2014年から2017年にかけてアメリカは3.6年平均寿命が縮んだとこちらの記事にはあるんだけど、でも、さっきの図を見ると、寿命が延びていることになっている。何か違う数字なのかなあ。なんだろ。よーわからん。
29日に発表されたデータによると、昨年の平均寿命は78.6年で、前年より約1.2カ月短くなった
その内、日本も下がるのではないかと思います。
「米国の平均寿命は14年以降で約3.6年短くなった。」3.6年じゃなくて3.6月ね。特別トランプのせいというわけではありません(低収入の男性の 寿命低下傾向はオバマ政権下でもずっと続いていた
米国の平均寿命は14年以降で約3.6年短くなった。て凄いな・・・
「米国の平均寿命は14年以降で約3.6年短くなった。先進国では寿命の短縮は異例。」
以上

記事本文: 縮む米国人の平均寿命、薬物依存も一因 - WSJ

いま話題の記事