TOP > 国際 > AI半導体のエヌビディア、米中またぐ綱渡り - WSJ

AI半導体のエヌビディア、米中またぐ綱渡り - WSJ

テクノロジーの覇権争いで米国と中国が火花を散らすなか、米エヌビディアは双方に「武器」を供給している。...

ツイッターのコメント(14)

@daitojimari AMDグラボ搭載機で音ズレ調整した動画をNVIDIAグラボ搭載機で再生すると1フレーム音ズレするんだよな…
次はGPUでしょう。
エヌビディアってまた上がるのかな?
@Fukadamoe ウイグルの監視カメラで莫大な金を稼ぎ、ウイグルの人々を助けもしない米国ITエヌビディア

その大株主がソフトバンク

ソフバンの大株主がJPモルガン、シティバンク(ウォール街)と日本トラスティサービス&マスタートラスト(ウォール街投資銀行日本での隠蓑)

ですね☺️
心の中では
「綱渡りじゃない!橋渡しだ!!」
とか、本気で思ってやって来た事であろう

- WSJ
RADEONに乗り換えるか。
「売り上げは中国向けの方が多い。巨大ハイテク企業のアリババグループや百度(バイドゥ)をはじめ、顔認識AIなど国内の警察・監視技術を開発する各企業、中国の軍事研究者と協力する大学の研究室なども」
クリントンの本拠地、カリフォルニアの米国IT企業エヌビディア。

ウイグルで監視カメラを回し、莫大な金を稼ぎ、ウイグルの人々を助けもしない。

さらに、カメラの製造を中国の企業に外注し、知的財産を中国に提供している懸念も指摘されている。

まさに米中蜜月の権化だ。
株価が2ヶ月前の半分になってしまったエヌビディアだが、今後の株価の行く末は、中国が政治をとるか技術をとるかって所に掛かってそう。技術をとるならばエヌビディアはまた上がるだろな。面白い。
中国の監視社会はNVIDIAのGPU無くして成り立たないというお話。
画像処理半導体(GPU)がAI半導体と呼ばれる日が来るとは昔は想像もしなかったな。画像認識や音声認識を人工知能と呼んでた人たちがいることは知ってたが。確かに、データから認識を得ることは知能だな。
本気でアメリカが中国を潰す気ならここは押さえに来るだろう。/
以上

記事本文: AI半導体のエヌビディア、米中またぐ綱渡り - WSJ

いま話題の記事