TOP > 国際 > 日本企業のファーウェイ取引、目を光らせる米政府 - WSJ

日本企業のファーウェイ取引、目を光らせる米政府 - WSJ

米中がハイテクの覇権を争い、米政府がファーウェイ阻止へ民間への介入も模索する中、日本は「地雷」を避けつつ、米中双方に供給する道を探っている。...

ツイッターのコメント(13)

日本企業、地雷踏まないように。
鳩山さんは露骨にやったけど、自民党も、中国に欧米やっつけさせる気?
イギリスは残すんだろうけど
「トランプ米政権は、米企業が中国の次世代通信規格「5G(第5世代)」網整備を支援するのを防ぐため、規制を強化している。だが、同盟国である日本の企業は、5Gレースにおける中国の躍進を支え、そこから利益を得ている…」/
時間の問題で日本企業にも圧力が掛かってくるのは確実。今のうちからリスクヘッジしておくことがとても重要。特に村田みたいな中国依存度が強い企業は尚更。
マジやばいぞ!聞いてるか?
> ファーウェイの梁華会長は昨年11月、2019年に日本から100億ドル相当の部品を調達するとの見通しを示し、これにより「米国産部品に頼ることなく、顧客に主力製品を適切なタイミングで出荷できる」と述べていた。
村田製作所の村田恒夫会長は、中国政府は5G網の拡張を積極的に後押ししており、同社の部品にとっては極めて有望な市場だと話す。
コレ…🙄?パナソニックのこと言っているよね?
中国と係るのあれほど止めろって言ってるのに…

   あっ、!…韓国も…。
米中がハイテクの覇権争いを繰り広げ、米政府がファーウェイ阻止に向け民間セクターへの介入も模索する中、日本は政治的な「地雷」を避けつつ、米中双方に供給する道を探っている。問題は、米軍やその同盟国に領土を守られている日本が、このままで良いのかが問われる。
米国が最初に輸出規制に乗り出した際、規制の対象は主に米企業だった。だが、輸出規制の波」は間もなく米国の同盟国にも及ぶ
目立たないが欠かせない部品の多くが、スマホや5G機器を手掛けるファーウェイへと向かう。
- ウオール・ストリート・ジャーナル -
以上
 

いま話題の記事

PR